Sponsored Link

夜の電話は何時まで?夜の電話のマナーについて

夜の電話何時

夜の電話は何時まで?

6時(18時)少し前だと“お夕食のしたくで忙しいだろうから”、7時だと“ごはん中にかけてしまっては失礼だから”、8時を過ぎると“さすがに遅い時間だから”……色々考えすぎてしまって結局その日は電話ができなかった、という経験がある方もいらっしゃると思います。
夜の電話は何時まで大丈夫か、そのマナーを調べました。

ビジネス・マナー編

 企業を通じてのお付き合いでしたら、始業時間前後にはかけない・お昼休みは遠慮するなどあり遅くても17時までが一般的とされています。
9to5(ナイン・トゥ・ファイヴ)、9時5時とも言いますがお仕事が終わるのが5時の企業が多いことからです。しかし緊急の場合や用件によっては午後7時までは許されますが
「今、お時間大丈夫ですか?」
「少しお話させて頂いてよろしいでしょうか?」

など先方への配慮は見せるべきです。

プライベート・マナー編

最近では電話以外にもEメールやチャットなどの連絡手段も発達してきました。
電話だとどうしてもオンタイムになるので急ぎでない限りそうした手段を利用するのもスマートなマナーかもしれません。
しかし、メールやチャットでは軽すぎるし手紙を出している時間はないという場合、もともと電話を好む場合もありますね。
そういう時は7時までならかけてよいでしょう。7時を過ぎたら
「夜分遅くに失礼します」
と最初に断りを入れ、9時を過ぎたらどんな事情があろうと、よっぽどでない限り遠慮するのがマナーです。

海外にかける場合は公・私どちらにせよ時差や相手の国の習慣を調べた上で配慮した電話をかけましょう。

ちなみに、電話を受ける時に「もしもし」と言う人が多いと思いますが、これは電話がつながりにくかった明治時代に「(今から)申します、申します」が縮まって「申し申し」そして「もしもし」という言葉になったそうです。
今では古風な挨拶になりました。
ビジネスの世界でしたら「お電話ありがとうございます、△△社**担当の○○でございます」と一息に言ってしまうのが現代のマナーですね。
いずれにせよマナーとは思いやり、どんなに粗野な人でも卑にならないのは思いやりが言動の根底にあるかどうかです。

以上、夜の電話は何時まで?夜の電話のマナーについてでした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ