Sponsored Link

女性がしがちな食べ方の汚い女の行動とは?

食べ方汚い

食べ方の汚い女の行動とは?

皆さん、食事のマナーはしっかり守れていますか?
特に女性は礼儀正しく楚々とした振る舞いを求められることが多いので食事マナーには気をつけたいところです。
今回は女性がしがちな食べ方の汚い行動についてまとめました。

食べ方の汚い女性の行動二つ

料理を残す
男性に比べると女性の方が食べられる量が少ないのが普通です。
頼んだ料理の中の最後の一品がどうしても食べられず、少し残してしまう。
このくらいならそれほど悪いマナーとは見られないかもしれません。
彼に甘えて「食べきれないから食べて〜」なんて言えば、むしろ少し可愛くすら思えます。
しかし、これは度が過ぎてしまうと悪いマナーになってしまいます。

・自分が少食であることを分かっているのに過剰に頼む。
・頼んだ料理の多くを残す。
・嫌いなものを弾いて食べる。

このような食べ方をすれば、まさに「食べ散らかす」という言葉がふさわしい汚い食べ方になってしまいます。
自分が食べられる量をしっかりと把握して出来れば残すことのない量を頼み、好き嫌いなくしっかりと食べきれるようにしたいですね。

・口にものを入れたまま話す
女性は男性に比べておしゃべり好きな方が多いです。
食べている時も友達や恋人とおしゃべりをしてたくさん交流をはかりたいですよね。
それはもちろんかまいません。
しかし、それを急くあまりに、口の中にものを頬張ったまま話そうとしてしまう方がいます。
これは良くありません。
くちゃくちゃ音を立てることになりますし、食べ途中のものが見えてしまうかもしれません。
そもそも、あまり頬張り過ぎていると声もくぐもって明瞭に聞こえず、当初の目的のおしゃべりすら満足に果たせません。
口の中に食べ物がたくさん入っているときは話さないようにしましょう。
少しならば声も通って問題なく会話が出来るかもしれませんが、最低でも手で口を覆うようにしましょうね。

特に女性だけがしがちというものではありませんが、もちろん、くちゃくちゃ音を立てて食べたり、肘をついたり、食べ物をボロボロこぼしたりといった基本的なマナーにも気をつけなければなりません。
思い当たる節があった方は要注意です。

以上、女性がしがちな食べ方の汚い女の行動とは?でした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ