Sponsored Link

掃除が苦手。片付けられない人の特徴とは

片付けられない

片付けられない人の特徴について

皆さん、自分の部屋は片付いていますか?
完璧にぴかぴか、いつ来客があっても大丈夫だよ、という人は少ないのではないでしょうか。
大抵の人は程度の差はあれ自分の部屋には自信がないもの。
やや見た目に散らかっている程度から、足の踏み場もないという人まで「片付いていない」と答える人が多いのではないでしょうか。
今回は片付けられない人の特徴についてまとめました。

片付けられない人の特徴

・先延ばしにする
先延ばしにする人は出したものをいちいち片付けない傾向があります。
後で使うからいいや、後で仕舞えばいいや、と思っているうちに気づいたら手の届く範囲はごちゃごちゃに。
さらにひどい人は少し体をずらして同じことを繰り返し、部屋いっぱいにものを広げてしまいます。

・まとめて片付けようとする
上の先延ばしにするということにも関係するかもしれませんが、少し散らかった部分を部分的に片付けることをせず、部屋全体が汚くなってからまとめて片付けようとします。
少し散らかっているときは後でまとめて片付けようと思っていても、いざその時になると時間もかかりますし、やる気もなかなかでません。
結果いつまでも片付けず汚い部屋で妥協することになるのです。

・ものをすぐ増やす
買い物が好き、コレクション好きなど、ものをすぐ増やす人も片付けが苦手です。
本格的なコレクターの方などはきっちり分類して仕舞ったり飾ったりすることができるかもしれませんが、すぐ衝動買いしてしまったり、愛着があるものを仕分けするでもなく溜め込む人は収納の場所がすぐにたりなくなってしまいます。

・捨てられない
今必要のないものでも、なんとなく後で使うかもとか、まだ使えるし捨てるのはもったいないよねと思ってしまう人、多いのではないでしょうか。
たとえものが増える量が少なくてもまったく捨てることがないのならば、部屋の中のものは増える一方です。
断捨離本なども最近流行っていますが、捨てる時には捨てる覚悟も必要です。

部屋が片付いていない方の中には、思い当たる節がある方も多かったのではないでしょうか。
一度自分の特徴を見つめなおして、綺麗に片付いた部屋で生活できるようになると良いですね。

以上、掃除苦手。片付けられない人の特徴とはでした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ