Sponsored Link

常識的なメールの送信時間は何時?メールのマナーについて

常識メール

常識的なメールの送信時間とは?

常識をコモン・センス(共通センス)と訳し、マナーを社会的認識とするならばの条件下ですが、メールを遠慮しなければいけない時間帯というものはありません。
電話と違っていつ送ってもよいのがメールの良いところなのです。
しかしながら、ビジネスや社会でのお付き合いで、先方を不愉快にしてしまえばそれは立派な「不作法」
気をつけなければいけないことをいくつか書き出してみます。

メールの送信で気をつけたい事

1、 携帯メールは深夜を避ける
携帯のメール受信のみ着信音を消す設定ができればいいですが、不慣れな携帯であったりもとからその設定ができないようになっていたりすることもあり得ます。
つまり、せっかく眠っているのを妨げるように着信音が鳴り、埒外な時間にお相手が起こされてしまうことを一番避けなければならないのです。
当然、深夜はたいていの人が眠る時間帯ですから避けましょう。
また、お相手によっては通勤・通学時間もなるべく避けましょう。
電車の中でマナーモード(着信やメール受信の時でも音で知らせないモード)にし忘れていた場合、盛大に恥をかくことになるからです。
PCメールだから関係ない、と思ってもPCメールを携帯に転送する設定にしているビジネスマンもいるのでやはり注意が必要です。

2、 分からないことは尋ねる
電話ならだいたい何時頃という“常識”がありますが、人によって作法が違うのがメールです。
無礼をしてしまうよりは、いっそ連絡先を教えて頂いた時点で
「メールをお送りするのは何時頃ならご都合がよろしいでしょうか?」
と直截(ちょくさい)に尋ねてしまうほうがスマートです。

それから、一緒にいる人の携帯が鳴って「こんな時間に何のメールかしらん?」とぼやいていた経験はありませんか?
その時間帯や条件を覚えておきましょう。
同じ時間帯にメールをしたら、やはり他の誰かと一緒に「こんな時間に何のメールでしょうね?」とぼやかれる可能性が大きいですから。

たったこれだけで、お相手の印象は変わってきます。
せっかくメールをお届けするのですから、快く読んで頂けるように細心の注意を払いましょう

以上、常識的なメールの送信時間は何時?メールのマナーについてでした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ