Sponsored Link

片付けが苦手な人が片付け上手になる方法とは?

片付け上手

片付け上手になる方法

皆さんの中には部屋が片付いていないことや、一度片付けてもすぐ散らかしてしまうことに悩んでいる方もいるのではないでしょうか。
今回はそんな方のために片付け上手になる方法についての雑学になります。

片付け上手になる4つのポイント

部屋を綺麗に使う

まず、何と言っても普段から気をつけて部屋を綺麗に使うことが大切です。
すべてのものに定位置を決めておき、そこ以外には置いておかないようにします。
一度出したものはいちいち仕舞う、新しく増えたものもすぐにしまう場所を決めて片付ける。
これだけで綺麗な状態が保たれます。

散らかった部分を片付けるときはこまめにする

いちいちものを仕舞っていれば、ほとんどの場合散らかるということはありません。
しかし、一度に多くのものを使う必要があったり、来客があって片付けに手が回らなかったりすることもありますよね。
そのようなときにも使い終わって一息ついた後、来客が帰って手が空いたときに部分ごとにこまめに片付けるようにしていれば部屋が汚くなることはありません。

ものを増やさない

すべてのものに収納場所を決めるためには、収納スペース以上のものがあってはいけません。
買い物が好きな方は衝動買いをしてしまう前に、まず自分の部屋を振り返ってみて収納スペースが足りているか考えてみましょう。特に大きくてかさばるようなものを買うときは注意が必要です。

必要のないものは捨てる

多くの人が片付けられない理由として「捨てられない」ということをあげるのではないでしょうか。
後々になって必要になるかも、もったいない、高かったのに、など捨てようとすると考えてしまうことはたくさんあるかもしれませんが、捨てるときはきっぱり捨てられる心を身につけましょう。
これから予定のある特殊な場面(出産・育児など)で使うものをのぞけば、向こう3年ほど使っていなかったものは、どう考えてもこの先必要になることはありません。
例え10年後、20年後に使う機会があったとしてもその頃には流行り廃りが変わっているかもしれません。
よほど高価なものでなければ、新しく買えば良いのです。
心を鬼にして捨ててしまいましょう。

いかがでしたか。大掃除の回数を増やさなくても日頃からちょっと心がけているだけで綺麗な部屋を保てるのです。
ぜひ実践してみましょう。

以上、片付けが苦手な人が片付け上手になる方法とは?でした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ