Sponsored Link

寝苦しい!暑くて眠れない時の7つの対策方法とは?

暑くて眠れない

暑くて眠れない時の対策方法について

夏の暑い日は、寝苦しくてなかなか寝付けないこともありますよね。
みなさんは、どういった「寝苦しさ」への対策を行っているでしょうか?
寝苦しさの原因は、夏の気温と湿度と言われているようですよ。また、夏の睡眠時間は一年の中で一番短いという研究結果もあるようです。
ここでは、たくさんある『暑くて寝られない時の対策方法』の中で一番効果のあるモノを紹介していきます。

①就寝する際に外気を取り入れて就寝すること

就寝する部屋の窓を開けるなどをして、外気を取り入れると快適に睡眠がとれるようです。
しかし、外気温が28度を超えていると逆効果なことが証明されているようです。

②日中に寝室の窓を開けておき、換気を徹底すること

寝室の窓を日中開ける事で、寝室の風通しを良くし、夜間に蒸し暑くなることを防ぐようです。
また、上層階に寝室がある場合は「窓を開けて」眠りについても快適なようです。

③シーツの素材をリネンに変更すること

寝ている際の背中と敷布団の間は、空間に余裕が無い為に、熱気がこもってしまいます。
また、背中からは就寝中にたくさんの汗をかくために湿度が高くなりやすい場所になります。
その為、吸湿性と放湿性に優れたリネンを夏場に活用すると快適に就寝可能となるようです。

④敷布団やベッドの上にゴザを敷いて寝ること

肌触りがひんやりとしているゴザを敷くことで快適に睡眠をとることが可能となります。

⑤エアコンを4時間位つけて就寝すること

就寝している間ずっとエアコンをつけて寝るのは、体を冷やし過ぎるようなので、寝る際に4時間程度のタイマーをつけて寝ることをおススメします。

⑥頭を冷やすこと

 
人間は頭部と頸部を冷やすことで、体全体が涼しく感じられるようです。
そのため、寝られない暑さの夜は『凍り枕』などを使用して寝ると体全体が冷えて涼しく寝られるようです。

⑦温度の低いシャワーを浴びてすぐに就寝すること

シャワーを浴びると手や足、体から熱が放出しやすい状況になるようです。
そのため、シャワーを浴びてすぐに就寝すると快適な睡眠時間が得られるようですよ。

暑い夏、涼しく快適な睡眠をとることで、健康で疲れ知らずの生活を送りたいですね!

以上、寝苦しい!暑くて眠れない時の7つの対策方法とは?でした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ