Sponsored Link

毛玉ができる原因とオススメ毛玉取り機はこれで決まり!

毛玉が出来る原因

毛玉ができる原因と毛玉取り機

今日はあのお気に入りの一枚を着ておでかけしよう!

そう思って服を取り出してみると、いたるところに毛玉が…。
毛玉が服についているとなんだか貧乏くさく見えるし、なかなか取るのも大変でやっかいな存在ですよね。

みなさんは、そんな毛玉ができる原因って知ってますか?

毛玉ができる原因はいいから、オススメの毛玉取りを教えてーと言う方に先に教えちゃいます。

この毛玉取り機は、手が小さい方にも安心設計で、おまけに値段が安い! 100円均一などでも毛玉取りは売っていますが、すぐ壊れるし・・・電池が少なくなるしで、あまりお勧めはできません。

毛玉ができる原因

毛玉ができる原因はいくつかありますが、その大半が「生地の摩擦」です。
生地と生地の表面がこすれる、つまり摩擦が発生することによって生地の表面に衣服の毛が浮き出てきます。
そして、摩擦によって静電気も発生して毛と毛が絡まりあってしまい、毛玉ができてしまうんです。

生地と生地がこすれてしまうことは仕方のないことです。
来ている服の生地がこすれないように気を付けて動いていたら、とっても滑稽な姿になってしまいますからね。

毛玉が発生しやすい生地

実は毛玉の発生しやすさは服の生地の種類によって変わってくるんです。

毛玉が出来やすいのは、ポリエステルやアクリル、レーヨンなどといった化学繊維の生地です。
これらは、生地の毛が長く熱に弱い傾向にあります。
そのため毛玉が発生しやすいんです。

逆に毛玉が出来にくいのは、絹や麻、綿といった天然繊維の生地です。
これらは、化学繊維とは逆で毛が短く熱に強い傾向にあるため、毛玉が発生しずらいんです。

毛玉の発生を防ぐ方法

生地と生地がこすれてしまうのは、生活していくうえで防ぎようのないことです。
しかし、少し気をつけるだけで毛玉の発生を抑えることができます。

毛玉の発生を抑える方法をいくつかご紹介します。

・洗濯ネットに入れて洗う。
洗濯をするとどうしても生地と生地の摩擦が起こってしまいます。
ですが、洗濯ネットに入れて洗うことで、服と服の摩擦をある程度防ぐことができます。
先ほど紹介した毛玉が発生しやすい生地の服を洗濯するとき、お気に入りの服を洗濯するときは洗濯ネットを使いましょう。

・柔軟剤を使う
柔軟剤には静電気の発生を抑えてくれる効果があります。
静電気も毛玉が発生する原因のひとつです。

・あまり連続で同じ服を着ない
お気に入りの服は何度も着たくなってしまうものです。
しかし、服を着る以上生地の摩擦は避けられません。
なるべく連続で同じ服を着ないようにして、生地同士の摩擦が起きる回数を減らしましょう。

毛玉はどうしても発生してしまうものです。
しかし、ちょっとした工夫で発生を抑えることも可能です。
お気に入りの服を少しでも長く着れるように、気あ。を配りましょう。

以上、毛玉ができる原因っていったい?でした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ