Sponsored Link

恥をかかないで!礼服とスーツの違いとは?

礼服とスーツ

礼服とスーツの違いについて

社会人になると仕事でスーツを着用する人は多いですよね。
そして、年齢を重ねるごとに礼服を着る機会も徐々に増えてきます。

しかし、礼服とスーツの違いっていったいなんなのでしょうか?

パッと見、スーツも礼服もあまり変わらないような気がするけど…。
そう思っているあなた。
その考えは危険です!

礼服を着用しないといけない場面で、普通のスーツを着てしまうと大恥をかいてしまいますし、
相手に失礼でもあります。

今回は礼服とスーツの違いについての雑学になります。

礼服とスーツの見た目の違い

礼服ってあの真っ黒いスーツだよね?
だったら今持っているスーツも真っ黒だし、これを礼服の代わりに使えばいいか!

そんなことを思っている若人はいませんか?
その考え方間違っています!

確かに礼服は黒いです。
そして普通のビジネスシーンで着るスーツにも黒いものはあります。

しかし、礼服の黒とビジネスシーンで着るスーツの黒はまったく違います。
「この人はなにを言っているんだ?」と思われる方もいるかもしれません。

ですが、そう思うなら実際にスーツを売っているお店に足を運んでみてください。
礼服と普通の黒のスーツを比べてみるとその黒の違いが分かると思います。

礼服は本当に真っ黒です。
まるで、墨汁で染め上げたんじゃないか?と思ってしまうくらいの黒色です。

それと比べると普通のスーツは若干黒味が弱く、少しグレーがかっているようにも見えます。

もし仮に礼服の着用がマナーとなっている場所に「このスーツも黒いし、これでいいか!」と考えて普通の黒いスーツを着ていったとします。
周りにいるあなた以外は全員礼服を着ており、あたり一面真っ黒で覆い尽くされています。
そんな中に、黒味が弱い普通のスーツがいたら、周りから見れば一発であなたが礼服を着ていないことが分かります。

言葉にすれば確かに礼服もスーツも同じ「黒」かもしれません。
しかし、実際に目にしてみれば二つの黒は全く違うものなのです。

年齢を重ねれば必ず一度は礼服を着用する機会があるでしょう。
そんなときのためにも、大切な場面で恥をかかないためにも、相手に失礼にならないようにするためにも今のうちに礼服を一着用意しておきましょう。
以上、礼服とスーツの違いとは?でした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ