Sponsored Link

意外と知らない!お歳暮はいつまでに贈ればいいのかについて

お歳暮の時期

お歳暮はいつまでに贈ればいい?

年末はいろんなことをしなくちゃいけなくて忙しいですよね。
大掃除、年越しの準備…。
お歳暮もありますね。

今回はそんなお歳暮の贈る時期についての雑学になります。

お歳暮とは?

お歳暮は簡単に言っていしまえば、一年の最後のご挨拶です。
日頃からお世話になっている人に感謝の気持ちを込めて贈り物をします。

ちなみにお歳暮は年末の最後の挨拶になりますが、一年の真ん中での挨拶がお中元になります。

お歳暮を贈る相手は?

お歳暮を誰に贈ればいいか分からないという人もいるかもしれません。
お歳暮は誰に贈らなければいけないという決まりはないため、余計に頭を悩ませるかもしれません。

お歳暮の贈り先として一般的なのは

・両親
・義父母
・親戚
・離れた姉弟
・友人、知人
・会社関係の上司

といったところでしょうか。
決まりがないため余計に混乱してしまいそうになりますが、純粋に1年の最後の挨拶をしておきたい人に贈ると考えていいでしょう。

お歳暮はいつまでに贈ればいい?

お歳暮を贈る時期も今いちわかりませんよね。

本来お歳暮というものは、12月13日から12月20日までとなっています。
これはお正月の準備を始める「事始めの日」が関係しています。

しかし、時代が流れるにつれてお歳暮の時期もだんだん曖昧になってきてるように思えます。
最近では11月の末にお歳暮を贈るという人も増えてきているようです。

とは言ってもお歳暮を贈ることで相手に迷惑がかかってしまうのは避けたいことですよね。
こういったことから考えると12月の20日頃に届くようにするのがいいでしょう。

もしも「お歳暮を贈るのを忘れてしまっていた!!」というときは、表書きを「御年賀」として贈りましょう。
関東地方の場合は1月7日、関西地方であれば1月15日までに届くようにすればOKです。

1年の締めくくりともいえるお歳暮。
社会人になったり、結婚をして新しい家庭をもったり、環境が変わるとお歳暮を贈る機会も増えるかと思います。
しっかりと1年の終わりの挨拶をして、新しく始まる1年を気持ちよく迎えましょう。

以上、意外と知らない!お歳暮はいつまでに贈ればいいのかについてでした。
(参考:歳暮wikipedia)

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ