Sponsored Link

これでばっちり!秋の七草の簡単な覚え方について

秋の七草

秋の七草の簡単な覚え方は?

七草ってご存知ですか?
春の七草がゆは有名ですよね。

実は秋にも七草って存在するんです。
春の七草と秋の七草に違いってあるんでしょうか?

今回は秋の七草について雑学になります。

秋の七草とは?

秋の七草というのは、秋の季節を感じることができる植物のことをいいます。
春の七草は七草がゆに利用されますが、秋の七草はあくまで観賞用です。

そのため、秋の七草がゆなんていうものは存在しないので、勘違いしないように気をつけましょう。

さん

秋の七草は「七」とつくくらいですから、七つの植物が存在します。

・オミナエシ(女郎花)
小さな黄色の話が特徴的なオミナエシ。
沖縄を除く日本各地で見ることができます。

・オバナ(尾花)
オバナはいわゆる「ススキ」のことです。
秋の季節にこのススキがあたり一面になっている光景はよくドラマなどでも目にしますよね。

・キキョウ(桔梗)
青紫やピンク、白など色鮮やかな花が特徴的な桔梗の花。
実は現在では絶滅危惧種に指定されています。

・ナデシコ(撫子)
ピンク、赤、白といった可愛らしい花が特徴的なナデシコ。
その花が「撫でたくなる」ということから「撫子」という名前がつきました。

・フジバカマ(藤袴)
桔梗と同じように絶滅危惧種に指定されているフジバカマ。
白い小さな花が特徴的です。

・クズ(葛)
お菓子や日本料理にも使われることがあるクズ。
淡い紫色が特徴です。

・ハギ(萩)
ハギは秋の季節、日本の野山でたくさんみることができる低木です。
赤紫色の花が特徴的ですね。

秋の七草の簡単な覚え方は?

春の七草は七草がゆとしても用いられるので覚えている人は多いかもしれません。
しかし、秋の七草は観賞用として用いられるため、案外みなさん忘れがちです。

そんなときには語呂合わせで秋の七草を覚えてしまいましょう。

「お好きな服は?」

この語呂合わせで秋の七草を簡単に覚えることができます。
それぞれの植物の名前の頭文字から作られた語呂合わせです。

季節の移ろいを感じるための秋の七草。
四季の移ろいが魅力の日本に住んでいるならぜひとも覚えておきたいですね。

以上、これでばっちり!秋の七草の簡単な覚え方についてでした。
(参考:七草wikipedia)

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ