Sponsored Link

知ってって損はなし!春の七草と秋の七草の種類について

七草の種類

春と秋の七草の種類について

みなさんは七草と聞くとなにを思い浮かべますか?

「七草粥」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
七草粥に用いられるのは「春の七草」です。

一般的に七草には「春の七草」「秋の七草」があります。
秋の七草は七草粥には使われないので、勘違いしないでくださいね?

今回は、春の七草と秋の七草についての雑学になります。

春の七草

春の七草は七草粥としても有名ですよね。
本来七草は、草ではなく穀物だったと言われています。
米、麦、あわ、ごま、ひえ、きび、小豆が七種の穀物として扱われていたようです。

しかし、時代の流れと共に七種の穀物から七草に変化したようです。
今知られている七草は、鎌倉時代、四辻善成が詠んだ歌がきっかけになったと言われています。
春の七草

・芹(せり)
・薺(なずな)
・御形(ごぎょう)
・繁縷(はこべ)
・仏の座(ほとけのざ)
・菘(すずな)
・蘿蔔(すずしろ)

これらが七草と呼ばれている草花です。

秋の七草

秋の七草は春の七草と違って食べることはできません。
秋の七草は、秋の野原に咲く花でありその美しさを楽しんだり、季節の変化を感じるためのものです。

「七草粥」だからといって秋の七草を食べようとしてはいけませんよ。

秋の七草の由来は、山上憶良が詠んだ歌だとされています。
山上憶良は奈良時代の歌人であり、こんな詩を残しています。

秋の野に 咲きたる花を 指折り かき数ふれば 七種の花

萩の花 尾花 葛花 なでしこの花 をみなえし また藤袴 朝貌の花

日本では昔から、その時期の草花などを詩にして詠む文化がありました。
山上憶良が残したこの2首から秋の七草が生まれました。 

・萩(はぎ)
・桔梗(ききょう)
・葛(くず)
・藤袴(ふじばかま)
・女郎花(おみなえし)
・尾花(おばな)
・撫子(なでしこ)

春の七草と秋の七草。
一般的に知名度があるのは七草粥にも用いられる春の七草でしょう。
しかし、日本人なら秋の七草を覚えて季節の移ろいを感じるのも素敵ですよね。
以上、知ってって損はなし!春の七草と秋の七草の種類についてでした。
(参考:七草 七草粥 Wikipededia

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ