Sponsored Link

覚えておきたい!忘年会の服装とマナーとは?

忘年会の服装とマナー

忘年会の服装とマナーについて

毎年年末になればやってくる忘年会。
会社に勤めいてる多くの人が経験するでしょう。

1年を締めくくる忘年会で失敗をしないように、忘年会の服装やマナーについてご紹介します。

忘年会の服装

忘年会服装スーツ
忘年会が開催される場所や日は会社によってかなり変わってきますよね。

会社によっては忘年会をホテルで行うこともあれば、居酒屋で行うこともあります。
会社の出社日に行うところもあれば、休日に行うところもあるでしょう。

こういった状況によって服装は結構変わってくるかもしれませんね。
ただ男性の場合は基本的にスーツを着ていけば問題はないでしょう。

忘年会が出社日に開催される場合は、そのままスーツで行って問題ないでしょう。
ワンポイントとしてネクタイを少し明るいものに変えたりするといいかもしれませんね。

入社1年目。
休日に忘年会が開催される場合は、先輩の男性社員に毎年どこでやるのか、どんな雰囲気なのか確認しておくといでいでしょう。

女性の場合は、服装でかなり頭を悩ませてしまいそうですね。
女性の場合は清潔感のあるワンピースがおすすめです。
無礼講という言葉を鵜呑みにして、可愛さを重視してミニスカートやジーンズなどはNGです。

ホテルなどの場合はドレスコードが必要になることもあるので、やはりこういった場合も先輩社員に事前に聞いておくといいかもしれませんね。

忘年会のマナー

忘年会マナー
無礼講という言葉が多く聞かれる忘年会ですが、決して礼儀を忘れてはいきません。

・新入社員は下座に着席!
食事の席に上座と下座があるのはご存知ですよね。

新入社員は出入り口に一番近い下座に着席するのがマナーです。

・乾杯はビールで!
忘年会の際は参加人数が多くなりがちです。
最初の一杯で乾杯をするので、一人一人が違う飲み物を頼んでいると飲み物が揃うまで時間がかかってしまいなかなか乾杯ができません。
こういったことを防ぐために最初は無難にビールを注文しておきましょう。

・上司へのお酌は忘れずに!
忘年会の席での上司へのお酌は忘れないようにしましょう。
タイミングなど初めての場合は難しいかもしれません。
事前に頭のなかでシミュレーションしてみるといざというとき役に立ちます。

・翌日のお礼は忘れずに!
忘年会が終わった翌日は、出席者にお礼をするのを忘れないようにしましょう。
基本的にメールで構いませんが、直属の上司などには直接挨拶をしておくといいでしょう。

忘年会というのは無礼講という言葉が使われますが、無礼講の中にもしっかりとマナーは存在します。
失礼のない行動を心がけながら、忘年会を楽しみましょう。
以上、覚えておきたい!忘年会の服装とマナーとは?でした。
参考:忘年会Wikipedia

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ