Sponsored Link

喪中ハガキはいつまでに出せばいい?喪中ハガキの一般的マナー

喪中ハガキ

喪中ハガキはいつまでに出せばいい?

不幸があった際に出す喪中ハガキ…。
そんなに頻繁に用いるものではないため、いざ喪中ハガキが必要になったときに色々なことで頭を悩ませてしまいます。

今回はそんな喪中ハガキの時期についてご紹介します。

喪中ハガキとは?

喪中
念のため喪中ハガキの説明を。

喪中ハガキとは、1年間以内に近親者に不幸が起きてしまった場合に出すものです。
亡くなった人、つまり故人に対する生前の厚誼への感謝の気持ちを表すとともに、喪に服していることを伝えるためのハガキです。
喪に服しているため、年末年始のご挨拶、年賀状は控えさせていただく旨を伝えるんですね。

そのため喪中ハガキを出す相手は、一般的には二等親まで、また生前故人と関係が深かった方や年賀状のやりとりを毎年している方となります。
もし喪中ハガキを出す相手で迷ってしまった場合は、家の年長者に確認すれば確実でしょう。

喪中ハガキはいつまでに出せばいい?

喪中はがきいつ?
喪中ハガキを頂いた方には年賀状を送らないのが一般的なマナーとなっています。

喪中ハガキというのは、本来「年賀欠如」の挨拶です。
そのため年内に相手に届けばいいのですが、先ほども言ったように喪中ハガキが送られてきた場合は年賀状を送りません。

年賀状を準備したあとに喪中ハガキが送られてきたら、せっかく準備した年賀状が無駄になってしまいます。
そのため年賀状の準備に取り掛かる前、つまり11月中旬から12月中旬までには届くようにしましょう。

しかし亡くなってしまった時期によっては喪中ハガキを送るのが遅くなってしまう場合もありますよね。
こういった場合は、焦って喪中ハガキを送る必要はありません。

年賀状を送ってくださった相手に「寒中見舞い」の挨拶状を送るといいでしょう。
寒中見舞い
寒中見舞いに亡くなった旨を書いてお伝えしましょう。

寒中見舞いは松の内(1月1日から1月7日)を過ぎてから届くようにするのがマナーです。
年賀状とは違い普通のハガキなので、ポストに投函すれば2~3日で相手に届いてしまいます。
この日にちを考慮して、1月5日頃に寒中見舞いを出すといいでしょう。

身内の不幸は悲しい話ではありますが、必ずいつか訪れます。
いざというときのためにも喪中ハガキのマナーをしっかりと覚えておきましょう。
以上、喪中ハガキはいつまでに出せばいい?喪中ハガキの一般的マナーでした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ