Sponsored Link

増えてしまうお守り。お守りの正しい処分の仕方について

お守り

お守りの正しい処分の仕方は?

生きていると色んなタイミングでお守りが増えていきます。
自分自身ではお守りを買うことがなくても、なにかのタイミングでいただいて気づいたら手元にはお守りがちらほら…。

受験、妊娠、交通安全、健康祈願…。

そんなありがたいお守りですが、正しい処分の方法を知っていますか?
処分の仕方が分からないから何年も手元に置いているという方もいるかもしれませんね。
今回はお守りの正しい処分の方法をご紹介します。

お守りの処分の方法は?

お守り処分
お守りの正しい処分の方法は、基本的に「返納する」「納める」というものになります。
お守りが販売されていたお寺、神社に返納するのがお守りの正しい処分の方法なのです。
自分で購入したお守りなら、購入した場所は分かりますよね。

年末年始だと、境内に返納するお守りを入れる専用の箱が設置してあるのでそこにいれればOKです。
この箱の横に賽銭箱が設置されていたら、お守りを購入したときと同額程度のお賽銭をいれましょう。
これはお守りに加護をしていただいたことに対する感謝とお礼の気持ちです。

年末年始以外の時期でも神主さんや住職さんに直接言えばしっかりと預かってくれるので安心してください。

しかし、他人からお守りをもらった場合どこで購入したかわからないということもありますよね。
そういうときは、近くのお寺や神社に納めてもらって大丈夫です。
「うちで購入したお守り以外は預かれません…。」というようなことはないので心配しなくて大丈夫です。
ただし、神社とお寺を間違えないようにしましょう。
神社のお守りなら神社に、お寺のお守りならお寺に、これさえ間違えなければどこでも返納を受け付けてくれるはずです。

また、購入した場所が遠方で直接返納はできないけど、せっかくだし購入した場所に返納したいという場合には、
郵送でお守りをお返しすることも可能です。

その際は一度、直接購入した神社やお寺に問い合わせるといいでしょう。

お守りの期期限の目安はおよそ1年です。
お守りを購入したり頂いたりしたら、1年を目安にしっかりと返納するようにしましょう。

以上、増えてしまうお守り。お守りの正しい処分の仕方についてでした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ