Sponsored Link

病気見舞いの相場はいくら?見舞金について

お見舞い

病気見舞いの相場は?

人は生きている限り、常に病気のリスクと隣り合わせ。
昨日元気な姿を見せていた職場の同僚が、友人が、親戚が、突然病気にかかって入院したり、自宅で休養をとる場合がありますよね。
そんなときは、相手のことが心配ですぐにお見舞いに行きたくなるものです。

そんな病気のお見舞いに行くときに「見舞金」をどれだけ包むべきなのかちょっと迷ったりしますよね。

見舞金の相場は?

見舞金相場
見舞金は、病気やけがをした人とどういった関係にあるかによって金額の相場が変わってきます。

・親、祖父母、兄弟、親戚→5,000~10,000円
・知人、友人→3,000~5,000円
・仕事の関係者→3,000円(有志数名で出す場合の一人あたりの相場)
・ご近所さん→3,000~5,000円

以上が見舞金の一般的な相場となっています。

相場の金額の理由

見舞金理由
見舞金の金額の相場は相手の負担にならないように考慮されたものとなっています。
日本ではなにかを頂いたら、「お返し」をするのが普通です。
見舞金を頂いた場合もそれは変わりません。
見舞金のお返しは、頂いた金額の半分~三分の一程度が相場となっています。
そのため、あまり高い金額の見舞金をよかれと思って渡しても、場合によっては相手の負担になってしまうこともあるので気をつけましょう。

縁起の悪い数字は避けるように!

見舞金避ける
見舞金を包む際に注意しなければいけない点があります。
それは数字です。
数字の4は死、6は無、9は苦を連想させる。
こういったお話を聞いたことはありませんか?

病気や怪我の際の見舞金でこういった縁起の悪い数字が絡む金額を包むのはタブーとされています。
一人で見舞金を包む場合、4,000円、6,000円、9,000円といったような区切りの悪い金額を包む場合はあまりないと思います。
しかし、相手が仕事の関係者の場合は有志数名でまとめて見舞金を包む場合が多いです。
仕事の関係者の場合、一人当たりの相場は3,000円なので有志の人数によっては縁起の悪い金額が絡む場合もあるので、
その場合は上手に調整するようにしましょう。

病気の見舞金は相手の負担も考慮して相場に合わせた金額を、縁起の悪い数字が絡まないように気を付けて包むようにするといいでしょう。
以上、病気見舞いの相場はいくら?見舞金についてでした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ