Sponsored Link

2016年のイースター(復活祭)っていつ?卵の意味とは?

イースター卵

2016年のイースターの日っていつ? イースターの意味って知ってる?

日本における季節のイベントと言えば?

夏・・・お盆
秋・・・ハロウィーン
冬・・・クリスマス・正月・バレンタイン

春はというと、今までパッとした物がありませんでした。
強いてい言うなら、花見といったところでしょうか?
ですが、最近では「イースター」が春のイベントとして流行りつつあります。

そもそもイースターって?

はてな
イースター(Easter)とは英語での呼び方で日本語では「復活祭」と言います。
誰の復活際かと言うと、皆さんもご存知のイエス・キリストの復活した日ということです。
イエス・キリストは十字架にかけられ一度死んでしまったのですが、その3日後に復活したと言われています。
その復活した日を記念してイースター(復活祭)が作られました。
キリスト教においては、このイースターは最も重要な行事の一つです。

2016年のイースター(復活祭)はいつ?

復活祭
実は、イースター(復活祭)は、毎年同じ日に行われる訳ではありません。
「春分の日の後の最初の満月から数えて最初の日曜日」と決められているからなのです。
そして、日本でも使われているグレゴリオ暦から今年のイースターの日を計算すると、
2016年のイースター(復活祭)は3月27日になります。

ちなみに、
来年2017年のイースター(復活祭は)4月16日
2018年の年のイースター(復活祭は)4月1日

イースターと言えば卵?

イースター卵
イースターエッグは、復活祭に出されるゆで卵の事で、シンプルな赤く染めた卵からカラフルに装飾された卵があります。
でも、なんで卵なの?と思った方もいらっしゃると思います。

イースターエッグには、イエス・キリストが復活した際に死と言う殻を破って蘇った復活の喜びからきています。
また、赤く染められた卵は、イエス・キリストが十字架にかけられた時の血の色を表していると言われています。

以上、2016年のイースター(復活祭)っていつ?卵の意味とは?でした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ