Sponsored Link

お中元・お歳暮のマナーの雑学

お中元・お歳暮

お中元・お歳暮の贈り方とマナーについて

7月に入り、連日暑い日が続いています。

お中元の季節ですが、「お中元」「お歳暮」というものをみなさんご存知でしょうか。
20代の方は特に、なんとなく知っているという方が多いのではないでしょうか。
この機会にしっかりとお中元の歴史やマナーを身につけましょう。

まずはお中元の歴史とマナーから説明します。

お中元の歴史とマナー

中元は、もともとは中国の行事で、三元のひとつです。
三元とは、上元(旧暦1月15日)、中元(旧暦7月15日)、下元(旧暦10月15日)の総称です。
(参考:お中元wikipedia)

中国の仏教ではこの中元の日に、祖先の霊を供養する盂蘭盆会(うらぼんえ)を催します。
そのため、中元と盂蘭盆会は合わさって一体化しています。

この中国の盂蘭盆会が日本のお盆の行事となり、そこからお世話になった人々に贈り物をするいまの「お中元」が派生したのです。

日本以外では旧暦の7月15日ですが、日本ではお盆に合わせて地域により新暦の7月15日もしくは8月15日となっています。
全国的な標準は7月15日であり、8月15日のお中元を「月遅れ」といいます。

ただし、贈り物をするのはちょうどこの日付でないといけないというのではなく、この日付までに送ればよいとされています。
少々の遅れも問題ではなく、「月初めから15日ごろまで」とされています。

最近は、店舗やインターネットショップなどからのギフトの直送が増えています。
直送の場合は挨拶状を同封するか、贈答品が届くころに手紙もしくはハガキを出すのが望ましいとされています。

挨拶状の内容は、挨拶はもちろん、「何を」「いつ」「どこから」送ったのかを書いておくと親切です。
特に生鮮食品を送る場合は相手の都合を考慮して、お中元ギフトを贈る前に挨拶状を出しておくといいでしょう。

お中元は日ごろからお世話になっている方への感謝の気持ちですので、お返しの必要はありません。
その代わりお礼状を送るといいでしょう。
お中元が無事に着いた知らせにもなりますので、お中元を頂いたらお礼状を出すように心がけてください。

ちなみに、のしの書き方は
7月初め~15日までは「御中元」
7月15日~立秋までは「暑中御見舞」
立秋から9月上旬までは「残暑御見舞」にするといいでしょう。

お中元の予算は一般的に3,000円~5,000円くらいですが、特に決まりはありません。
金額よりも感謝の気持ちが大事ですので、贈る相手が喜びそうなものを贈るのが1番です。
また、季節感のあるギフトもオススメです。
健康に気を遣ったギフトも増えているので相手に合わせてお中元のギフトを選んでくださいね。

お中元と合わせて知っておいていただきたいのがお歳暮です。

お歳暮の歴史とマナー

歳暮とは年の暮れのことであり、日本では歳の暮れにお世話になった人々に対して贈り物をする習慣があります。
この贈答品、もしくは贈り物の習慣をお歳暮と呼んでいます。
(参考:お歳暮wikipedia)

お歳暮は本来直接訪問して贈り物をするものですが、お中元同様、近年では百貨店などからの直送や宅配便を利用して贈られることが増えています。

贈答品は新しい年を迎えるのに役立つものを送るのが一般的です。
保存のきくアルコールやハムなどの食品が多いですが、クール便の普及により生鮮食品が送られることもあります。
また、洗剤やせっけんなどの生活必需品、相手に自由に選んでもらえるよう商品券を贈ることもあります。

この時期に贈る品物には紅白の水引と熨斗(のし)の飾りをつけて贈ります。
贈るものが生ものの場合は、熨斗はつけずに水引のみですので注意してください。
この時つける水引の形は蝶結びにしましょう。

▼水引
水引
▼のし

のし

▼イメージ図

イメージ

水引中央結び目の上に「御歳暮」と書き、結び目の下にはやや小さめにフルネームを書き入れます。

日本では、取引先の企業の担当者やその上司などにお歳暮を贈る習慣があります。
毎年12月中旬ごろから企業から企業、または社員同士の贈答がひろく行われていました。

しかし、バブル崩壊後から企業活動のコンプライアンス確保のために企業方針として取引先からの贈答品の受け取りを辞退したり、社内での贈答でも全面的に禁止したりする企業が多くなっています。
2000年に入ってからも、住所など個人情報保護や取引先と社員の癒着防止の観点から、社内外ともに贈答全般を規制する企業も出てきています。
しかし、この取り組みがかえって企業間関係を悪化させている場合もあるようです。

もし、職場の人やその取引先の人へお歳暮を贈りたい場合は一度社内規定を確認しておいた方が良さそうです。
また、お歳暮を頂いた場合もお中元同様お礼状を送りましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ