Sponsored Link

イヌやネコに与えてはいけない!6つの食べ物

イヌネコ

イヌやネコに与えてはいけない食べ物6つ

人間の食事中、分けて欲しくてテーブルの周りに集まり、主人におねだりするイヌやネコの姿は何とも愛らしいものです。
つい、自分の食べているおかずを分けてあげたくもなりますよね。

けれど、ご用心ください。

人間が普通に食べている食物の中にはイヌやネコにとって害のある、危険なものもあるのです。

今回は、ペットに与えてはいけない食べ物を6つご紹介します。

タマネギ
■たまねぎを始めとするネギ類


たまねぎに含まれるアリルプロピルジスルファイドはイヌやネコが摂取すると赤血球を破壊するため、貧血を起こす場合があります。

摂取した量や体質にもよりますが、重篤化した場合、耳が腐り落ちたり、最悪死に至ることもありえます。

たまねぎと同じユリ科に属する長ネギやニラ、にんにくなどにも同様の成分が含まれるため、同じく注意が必要です。
直接そのものを与えなくても、たまねぎの入った煮物やスープにも問題の成分が溶けだしているので危険です。


チョコ
■チョコレート、ココアなどのカカオ類

カカオの香りの成分であるデオブロミンは、イヌやネコが食すると中枢神経に影響して中毒症状を引き起こします。

不整脈や興奮状態を起こし、嘔吐や痙攣の症状が起こります。

カカオ成分の多いチョコレート程、中毒が起こりやすいので注意しましょう。
チョコレートやココアを含んだパンヤ菓子も与えないようにしましょう。


キシリトール
■キシリトール

菓子類に使用されている甘味料のキシリトールは犬が摂取した場合急激な血糖値低下を招き、嘔吐や歩行困難、肝不全などの症状を引き起こします。

体重9キロのイヌの場合、キシリトールガム2、3枚で致命的な影響を与えるとする報告もあります。

ネコの報告例は現状ありませんが、注意するに越したことはありません。


アボガド
■アボカド

アボカドに含まれるペルジンという成分がイヌやネコにとっては毒素として働きます。



少量では影響ない場合もありますが、大量に摂取してしまうと胃腸に炎症を引き起こし、嘔吐や下痢といった症状が現れ、これも最悪の場合死に至ります。

ウサギやフェレット、ハムスターなどの小動物や鳥類には少量でも致命的になるので注意しましょう。


レーズン
■レーズン・ぶどう・マカダミアナッツ

イヌの症例のみが報告されていますが、これらの食物でも中毒症状を引き起こすことが知られています。




ドッグフード
■ドッグフード・キャットフード

えっ? と思われるかもしれませんが、継続的にイヌにキャットフードを、ネコにドッグフードを与えてしまうと大きな影響が出てしまうのです。


実はイヌとネコではそれぞれ必要とする栄養素が大きく違っており、ドッグフードはイヌ用に、キャットフードはネコ用に栄養調整されています。

ネコにドッグフードを継続的に与えると栄養失調を起こし、タウリン不足の症状が出ることがあります。逆にイヌにキャットフードを与え続けると栄養過多になり、肥満の原因になります。

その他、細かい点を上げれば身近にイヌやネコにとって危険な食べ物は沢山ありますが、中でも食べさせてしまいそうな物をあげさせて頂きました。
愛するペットの為に覚えておいてみてはいかがでしょうか?
また、ペットも花粉症になる事をご存知ですか?
ペットも花粉症になるんです。
こちらの記事も合わせて読んでみてはいかがでしょうか?

以上が、イヌやネコに与えてはいけない!6つの食べ物の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ