Sponsored Link

タラバガニはヤドカリの仲間って知っている?

たらばがに

タラバガニはヤドカリの仲間!?



カニは、海・川・湖・陸地など色々な場所に生息していますが。

海のカニと言えば!
皆さんも良くご存知のタラバガニズワイガニではないでしょうか?
どちらのカニもボイルしたり、鍋に入れてもとても美味しいですよね!
私もカニ料理が大好きで冬になるとカニ通販で自分用やお歳暮に送ったりとカニを買っています。
管理人おすすめのカニ通販→北海道海鮮工房

さて、カニを食べることはさておき

実は、タラバガニはカニの仲間ではなくヤドカリの仲間だったってしっていましたか?
ヤドカリ


以下に、タラバガニとズワイガニの違いを教えます。
(参考:タラバガニwikipedia)

タラバガニとズワイガニの見分け方



ズワイガニは、爪を合わせて5対ですが
ズワイガニ



タラバガニは爪を合わせて4対なんです(実際には、5対なのですが見えない足が1本あります)
たらばがに

見た目だけで簡単に言えば、見える足が合計10本あるとズワイガニで合計8本脚だとタラバガニだと言う事です。
※正確にはタラバガニには見えずらい場所にもう一本脚があります。

そして、タラバガニとズワイガニにはもうひとつ違いがあります。

それは、
ズワイガニはカニなので横向きにしか歩けないのに対し
タラバガニはヤドカリの仲間なので前向きにも歩けるのです。

また、ヤシガニもタラバガニと同様ヤドカリの仲間になります。
やしがに
ヤシガニは見た目もヤドカリっぽいですね。

そして、タラバガニの名前の由来についてなのですが、
タラ
魚の鱈が獲れる漁場の近くでタラバガニは良く獲れたそうで
その事から、タラバガニと名づけられたと言われています。

以上が、タラバガニはヤドカリの仲間って知っている?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ