Sponsored Link

ミツ蜂の女王蜂は働きバチと同じ卵から生まれいていた!?その理由とは?

ミツ蜂

女王蜂は働き蜂と大きさが全く違うけれど同じ卵から生まれるって?




まず、初めにミツ蜂の生態について軽く説明します。

ミツ蜂には、「女王蜂」「メス蜂」「オス蜂」がいます。

女王蜂は、巣の中に1匹だけ、

メス蜂は、巣の中に数万匹いて、その全てが働き蜂として活躍します。
せっせと蜜を集める働き蜂は、オスの蜂だと思っている方もいらっしゃるかとは思いますが、、
実際にはメスの蜂が花の蜜を集めたり外敵から巣を守ったりしているのです。

そして、メスの働き蜂は寿命が約1ヶ月…
過酷な労働の為に早く死んでしまうみたいです。

一方オス蜂は、巣の中に数匹しかいません。
また、このオスのミツ蜂は基本何もしません…。
食事ですら蜜を食べさせてもらう程VIP待遇。

唯一の役目は、新女王蜂と交尾をして精子を与える事だけらしいです。
ただし、その新女王蜂と交尾をした瞬間ショック死してしまうとか…
そして、新女王と交尾出来なかったオス蜂はいつか巣から追い出され餓死してしまうらしいです。

メス蜂は過労死、オス蜂はショック死か餓死、どれもキツイ…ミツバチの生活はかなり厳しいですね。

上述が簡単なミツ蜂の生態です。
そして本題の、女王蜂と働き蜂の卵は元は一緒ということですが。


女王蜂になるか働き蜂に選ばれるかは、王台という特別室に産み付けられたか、
そうでないかの違いしかありません!

たまたま、王台に産み付けられた卵が将来の女王蜂になるんです。

そして、「王台に産み付けられ孵化した幸運の幼虫は、
幼虫の期間、ローヤルゼリーを与えられ大きくなるのです。」

同じ幼虫でも、栄養素の違いであんなにも大きさが変わってしまうものなんですね。
ちなみに、他の働き蜂達の幼虫達はローヤルゼリーは食べられません
一般的に、花の蜜を食べて育つそうです。

同じ卵から生まれた女王蜂は、数万分の1の中の幸運のハチだったという事です。

以上が、ミツ蜂の女王蜂は働きバチと同じ卵から生まれいていた!?その理由とは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ