Sponsored Link

蝶(チョウ)と蛾(ガ)の簡単な見分け方!?

アゲハ蝶

蝶(チョウ)と蛾(ガ)の雑学



■日本で有名な蝶の種類

・アゲハ蝶
・セセリ蝶
・モンシロ蝶
・オオムラサキ



一度は聞いた事や見た事のある蝶の名前だと思います。
の種類は、日本だけでも約250種類ほどいると言われていて、世界各国にいるの種類は約1万7千種類のがいるらしいです。と似た存在で、がいます、はなんと!世界に約12万種類以上いると言われているのですが、実際には蝶と蛾の区別の基準がなく、これはこれは蛾だという明確な基準がないのです。

■一般的な蝶(チョウ)と蛾(ガ)の判別の仕方


・蝶は綺麗だけれど、蛾は汚く見える
・蝶は羽を立たせながら止まるが、蛾は羽を広げてとまる
・蝶は昼間飛んでいるが、蛾は夜に飛ぶ

この様な、判別の仕方が一般的なのですが、これはどれも実際には正解とは言えません。綺麗なも沢山いますし、夕方に飛ぶもいます。
綺麗なだと思ってたら、実はだったなんてことも!

ただし、日本にいる蝶と蛾の違いを見極める方法として有効なのが

「触角の先っぽが、丸くなっているのが蝶で、蛾の触角は先っぽが尖っている」

世界中の、蝶と蛾がこの触角で判別できる訳ではありませんが、日本の蝶と蛾の判別は、この触角判別法が有効だそうです。

以上が、蝶と蛾の雑学の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ