Sponsored Link

ペットも花粉症になるんです!愛犬・愛猫の花粉症について

愛犬・愛猫の花粉症

ペットの花粉症?愛犬・愛猫の花粉症の症状とは

春が嫌いという方に、なぜ春が嫌いなのと聞いたのならば
まず、「花粉症」だからという方が多いのではないでしょうか?

この「花粉症」という病気は200年前位からあったと言われていますが、
日本で花粉症が発見されたのは1963年辺りから、実際はもっと前からあったのではないかとも言われています。
日本では発見されてから、50年程しか経っていないのに急速に増える花粉症患者…。
まさに国民病の一つと言ってもおかしくはないのではないでしょうか?

花粉症の原因になる植物は、皆さんもご存知の通り、
ブタクサ・ヒノキ・スギ・ヨモギで、
スギ花粉
花粉症のアレルギー症状が現れる80%の方は、スギの花粉によっての症状が出ると言われています。
(参考:花粉症 wikipedia)

そして、今は愛犬や愛猫のペットや野生の猿なども花粉症にかかっていると解ってきているそうです。

人間の場合の主な花粉症の症状と言えば、
鼻水・鼻づまり・目のかゆみ・くしゃみ・のどの痛み・頭痛などですが。
ペット花粉症
「愛犬や愛猫の花粉症の場合は、皮膚症状に出る事が多い」と言われています。


ペットの花粉症は、毛が抜ける症状が現れやすく見た目も悲惨な状態になってしまう事が多いです。

あなたの、愛犬や愛猫が痒がっていたり皮膚が赤くなっていたり、毛が抜けてしまっていたりした場合は一度、動物病院で観てもらいアレルギー検査をしてもらう事をおすすめします。
ただし、ペットには抗ヒスタミン薬が効きにくいと言われ、その結果ステロイドに頼らざるを得ない事が多いと言われています。
ペットが花粉症になってしまったら、特に犬の場合は散歩に出る事を控えた方がいいです。
特に、昼間や風の強い時は止めておきましょう。

また、今ではペット用(愛犬・愛猫)サプリメントも売っています。
アレルギー症状の緩和にも効果が期待できるそうです。
楽天で、バイオペットみるみる元気を調べてみる。

ちなみに、人間の花粉症の場合は、ヒノキやスギの花粉症が多いのですが、
愛犬や愛猫の場合の花粉症の原因はブタクサの原因が多いみたいです。
このブタクサの飛散時期は5月から8月がピークです。
この時期に痒がったり、皮膚が赤くなったりしていたら動物病院に連れて行ってあげて下さい。

その他「花粉症」関連の記事はこちらからご覧ください。
花粉症の時期と種類
花粉症の70%がスギ花粉
花粉症で咳!?
花粉症対策方法

また、ペットに与えてはいけない食べ物ってご存知ですか?
イヌやネコに与えてはいけない!6つの食べ物こちらの記事をご参考下さい。

以上が、愛犬や愛猫が花粉症になる可能性がある理由とは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ