Sponsored Link

「蛍の時期」蛍が鑑賞できる季節や時期と蛍の寿命について

ホタル

蛍の寿命と蛍の鑑賞時期はいつ?

日本に生息している蛍(ホタル)は約40種類いると言われていますが、身近で見かける蛍(ホタル)と言えば主に「ゲンジボタル」「ヘイケボタル」でしょう。

蛍が光る理由と短い寿命

蛍(ホタル)は夜綺麗に光りますが、蛍が光る理由はオスの蛍がメスに求愛しているからだと言われています。
そして、蛍(ホタル)は寿命がとても短い昆虫として有名なのです。

「蛍は成虫になってから約1~2週間が寿命」
「蛍は成虫になってからは水しか飲まない」

蛍は上記の通り、成虫になってからたったの1~2週間しか生きていられないと言われています。
とても短命ですので、蛍を鑑賞する際には触ったり捕まえて持って帰ったりしたりするのは止めましょう。

地域別の蛍の鑑賞時期

ホタル
以下に概括的な蛍の鑑賞時期を地域別に記載します。

  • 北海道…7月上旬~8月上旬
  • 東北…ゲンジボタル7月上旬~7月中旬 ヘイケボタル7月中旬~7月下旬
  • 関東…ゲンジボタル6月上旬~6月下旬 ヘイケボタル6月中旬~7月下旬
  • 中部…ゲンジボタル6月中旬~6月下旬 ヘイケボタル6月下旬~7月中旬
  • 近畿…ゲンジボタル6月上旬~7月上旬 ヘイケボタル6月中旬~7月下旬
  • 中国・四国…ゲンジボタル5月下旬~6月中旬
  • 九州…5月下旬~6月中旬
  • 沖縄…4月下旬~5月上旬

※蛍の生息地には自然環境の変化がありますので大まかな鑑賞時期になります。

蛍が出没(鑑賞)しやすい天候や時間

また鑑賞時期ならばいつでも蛍が見れると言う訳ではなく、蛍が出没(鑑賞)しやすい天候や時間などがあります。

  • 風が吹いていない方が良い
  • 夜の8時~9時頃が最も出没しやすい
  • 強い雨が降っている日はNG
  • 曇っている日が出やすい(晴れている日などは月明かりがあるので出にくい)
  • 気温が低い日は出にくい



上記が主な蛍の出没条件です。
夏の風物詩とも言われる蛍鑑賞を楽しみましょう。

以上が、蛍が鑑賞できる季節や時期と蛍の寿命についての内容になります。
(参考:ホタル ゲンジボタル ヘイケボタル wikipedia)

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ