Sponsored Link

蚊の季節到来!屋外にいる蚊の対策方法とは

屋外蚊対策

屋外にいる蚊の対策方法とは?

夏の天敵!

最近では、蚊がデング熱を媒介していたりと、何かと恐ろしいですよね。
室内の蚊は、蚊取り線香などで撃退する事ができますが屋外となると…

ここでは、屋外の蚊対策にスポットをあててみたいと思います。
部屋に入り込んでしまった蚊の対策方法についての記事はこちらからどうぞ
部屋の蚊対策

蚊は、人間の吐く二酸化炭素・体温・臭いなどを察知して吸血しにきます。
新陳代謝の良い方は自然と二酸化炭素を多く吐きだしてしまうので蚊に刺されやすくなります。
また、ビールなどのお酒を飲んだ後も臭いや新陳代謝が活発になるので蚊の標的になってしまうのです。

屋外の蚊対策1

庭のお手入れや、外でのバーベキューなど同じ場所に留まる様な時には、周辺に直接スプレーすると蚊から守ってくれるスプレーがおすすめです。
画像をクリックすると楽天に飛びます

屋外の蚊対策2

やっぱりメジャーな虫よけスプレーは重要ですね。
同じ場所に留まる事のない外出の場合はスプレーが役立ちます。
外出する時は虫よけスプレーをするとしないでは蚊に刺される確立もかなり変わります。
画像をクリックすると楽天に飛びます

小さいお子様など普通の虫よけスプレーは成分が気になるという方には天然の虫よけスプレーもあります。

その他、水溜りなどがある場所の近くには蚊がいる可能性が高いです。
水溜りには蚊の幼虫ボウフラが沸きやすいので自然とその近辺にも蚊が増えてしまいます。
家の庭などにも、水溜りが無いかチェックしてみてはいかがでしょうか?

昔から言われている、「お墓の花入れに10円玉を入れて置くと蚊が沸かない」と言われているのですが、これは10円玉に含まれる銅の殺菌作用によるものだと言われています。
捨てる事のできない庭などの池や水溜りには、同線などを入れておくとボウフラが沸きにくくなります。

また、ボウフラを食べてくれるメダカなどを放しておく事も有効です。

ちなみに、蚊の幼虫ボウフラは「棒を振ったみたいにふらふら泳ぐ事から」ボウフラと呼ばれるようになったらしいです。

以上、蚊の季節到来!屋外にいる蚊の対策方法とはでした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ