Sponsored Link

窓やサッシの結露の原因とは?

結露の原因

ガラスはなぜ曇る? 結露の原因について

寒い冬の季節、暖房の効いた部屋の窓がくもってびっしょりと濡れることってありますよね。
これは「結露(けつろ)と呼ばれる現象で、夏場にジュースを入れたコップに水滴がついたり、冬場に電車に乗り込むと眼鏡がくもるのと同じです。

結露は空気中に含まれている水蒸気によって発生します。
空気は温度が高いほど多くの水蒸気を含むことができ、逆に温度が下がるとその量が低下するという性質を持っています。
(参考:結露wikipedia)

温まった空気には大量の水蒸気が含まれますが、これが急速に冷やされると水蒸気を含めるキャパシティが低下し、その分だけ水(水滴)に変化します。この変化のことを結露と呼ぶわけです。窓が結露するのは、部屋の中の暖かい、水蒸気を多分に含んだ空気が、外気で冷やされた窓に触れて温度がさがり、水蒸気のキャパシティが低下するからです。
水滴 結露

室内の空気に含まれる水蒸気の量(湿度)が増える原因

石油ストーブやガスファンヒータ等の暖房器具…石油やガスは燃焼する際に水蒸気を発生させます。

加湿器…室内の湿度を適正に保つために必要ですが、過度に使用すると部屋の中の空気が湿度過多になり、結露の原因となります。

部屋干しの洗濯物や観葉植物や水槽…室内の湿度を上げる原因です。

室内の結露が多くなるとカビやダニの発生原因となり、健康への悪影響も起こってきます。
結露 換気

簡易的な結露対処法

結露を完全に防ぐことはできませんが、簡単な対処法としては部屋の窓を開けて換気をすることで軽減することができます。
加湿器の使いすぎを防ぐ、石油やガスを燃焼させるタイプの暖房の使用を控えることも大切です。
エアコン(暖房)を使うよりも、こたつや電気カーペットを使う事が効果的です。

近年では断熱性能を向上させたガラスも普及しています。
耐熱性能ガラスは2枚のガラスを重ね、熱を遮断するもので、室内の熱を戸外に逃すのを防ぐ働きがあります。
二枚のガラスの間に空気を挟む『複層ガラス』と真空を挟んでその断熱性を利用する『真空ガラス』の2種類があります。

以上が、窓やサッシの結露の原因とは?の内容になります。
面白い雑学を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ