Sponsored Link

ボイスレコーダーの声が変に聞こえる理由とは?

録音の声

ボイスレコーダーに録音した時の自分の声って変に聞こえませんか?




ボイスレコーダーやビデオカメラに録音された声
昔ならテープレコーダーに、自分の声を録音して聞いてみると

なんだか、自分の声が変に聞こえる経験はないでしょうか?

「私の声ってこんな変な声だっけ?」

そんな風に感じた方も多いのでは。

これには、いくつかの理由があります。


1、録音する機械が、人の耳とは違う音の拾い方をする。
2、自分が発する声は、骨を伝わって聞こえる(骨伝導)
3、空気の振動を鼓膜の奥の、内耳で感じとって聞こえる



自分の声が変に聞こえる理由には上記が考えられます。

要するに、自分が発している声は骨伝導によって聞こえる声と
空気の振動を伝わりながら聞こえる声が、両方混ざって聞こえています

他人が聞いている自分の声は、どちらかと言うと録音された声に近いのです。


確かに、録画をしたビデオを、自分以外の人と一緒に観た時
自分には、恥ずかしい位、自分の声は変に聞こえますが
それを一緒に観ている方は、「お前の声変だな」なんて
言うような事は、ないのではないでしょうか?

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ