Sponsored Link

知ってる?桜の見頃を自分で計算・予想出来ちゃう方法!

桜の見頃

桜の見頃を自分で計算、予想する方法!

春になると桜がいつ咲くのか気になる人はいませんか?
こんなときはニュース番組のお天気コーナーに釘付けになってしまいます。
「桜前線」「開花予想」こんな言葉を耳にしたことはないでしょうか。
もちろん、これらは専門機関が過去のデータを元にしっかりと計算し発表しているものなのですが、実はそれに近いことは誰にでもできるって知っていましたか?

全国の大まかな見頃時期

桜の時期
日本は東西に長く延びた島国です。
よって、緯度が開花のラインとなっており、中国地方の一部よりも関東地方の方が開花時期が早いということはよくあります。

日本列島における大まかな見頃時期は次の通りです。
『沖縄:1月中旬~
『九州地方/四国地方/関東地方までの太平洋側:3月中旬~
『東北地方や日本海側:4月上旬~
『北海道:4月下旬~』
通常は北海道の釧路が最終になり、開花時期は『5月上旬~』となっています。

桜が開花する仕組み

なぜ?
基本的には他の花と同じ仕組みです。
春になって気温が上がることで、開花にふさわしい気候であることを判断し、開花しています。
ここで抑えておきたいことは「〇℃を超えたら開花する」という決まりはなく、冬との温度差が影響しているということです。
一般的には3月に入ってから開花するので、その直前である2月の気温がとても重要になってきます。
もし2月の気温が低ければ、3月に入ってほんの少し気温が上がるだけでも「暖かくなった」と判断して開花してしまうことがあります。
またはその逆で、2月の気温が高ければ、3月に入って気温が上がってもその差があまりないので「まだまだ気温は上がっていない」と判断され、開花が遅れるということもあるわけです。
ポイントは1~2月と3~4月の気温差ということになります。

400℃の法則と650℃の法則

重要ポイント
急にとんでもない高温の法則をご紹介することになりますが、まったく危険性はありません。
まずは400℃の法則からご紹介します。
これは3月に入ってからの毎日の最高位気温の累積です。
これをこまめに足していき、累計400℃付近で桜は開花する傾向にあります。
正確には「350℃~400℃」となりますので、最高気温の累積がこの値に近づけば桜の開花であると判断すれば良いでしょう。
よって650℃の法則も同じようなものになります。
こちらは2月に入ってからの最高気温の累積です。
九州地方や四国地方の方々は『650℃の法則』を、中部地方や関東地方、東北地方の方々は『400℃の法則』を利用すると自分自身で桜の開花予想ができるので、ぜひお試しください。

以上が、知ってる?桜の見頃を自分で計算・予想出来ちゃう方法の内容になります。

その他、「桜」「花見」関連の記事はこちらかご覧下さい、
桜の種類は何種類?
お花見の持ち物7選

面白い雑学や豆知識を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ