Sponsored Link

一度は行ってみたい!桜(さくら)の名所人気ベスト10

桜の名所

人気な桜の名所ベスト10

日本を代表する桜ですが、実は日本各地に名所と呼ばれるところが存在します。
よく「日本の山100選」「日本の温泉100選」など、「100」にかけた名所がありますが、
桜の名所はありすぎて、「日本の桜の名所1000選」というものまで存在するほどです。
ここでそのすべてを紹介するのは難しいので、
その中でも圧倒的人気を誇る「行ってみたい桜の名所ベスト10」を取り上げてみたいと思います。

No.1:大阪城

大阪府大阪市中央区にある大阪城を中心とした周辺公園を含んだエリアです。
桜の総本数は1,500本を超え、3月下旬~4月上旬には見頃を迎えます。
入場料は無料、一部を除き24時間桜を楽しむこともできます。
桜と大阪城のコントラストは写真愛好家からも高い支持を得ています。

No.2:淀川河川公園

京都府八幡市にある淀川河川岸に沿ったエリア+周辺公園エリアです。
桜の本数は250本しかありませんが、河川岸に整備されて並んでいるので見応えはバツグンです。
天気の良い日には川の水面に桜が映り、花びらが浮かびとても風情があります。

No.3:目黒川

東京都目黒区にある目黒川沿いのエリアです。
約4㎞もある目黒川沿いにびっしりと整備され、計800本以上の桜が私たちを迎えてくれます。

No.4:弘前公園

青森県弘前市にある弘前城を中心とした周辺公園を含んだエリアです。
入場料は大人が310円かかりますが、弘前城と桜の絶景を考えると十分価値があります。

No.5:千鳥ヶ淵公園

東京都千代田区にあります。
川沿いに約170本の桜が並んでいます。
すべてがソメイヨシノですが、川に大きくせり出し、一部はまるでシダレザクラのように枝や花が川に付きそうなほど垂れ下がっている様子は、他では見られない光景です。

No.6:吉野山

奈良県吉野郡吉野町にある吉野山です。
迫力という意味ではこの吉野山に適うところはありません。
吉野山は麓から順に『下・中・上・奥』と4層に分けて扱われ、それぞれの呼び名に『千本』が付きます。
こうすると計4,000本となりますが、実際は約3万本の桜があると言われています。
主に訪れてみたい名所とは人工的に管理された桜の下を歩きながら、桜を見上げることが多いですが、吉野山は規模が違います。
山頂付近から見下ろすピンクに染まる山々は絶景です。

No.7:醍醐寺

京都府伏見区にある醍醐寺です。
昔、かの豊臣秀吉が700本以上の桜を近隣から集めて植樹し、とんでもない人数とともに花見を楽しんだと言われています。
『醍醐の花見』と呼ばれるその豪華な花見は、今の宴会調花見の先駆けだと言われています。
入場料は大人が600円となっています。

No.8:岡崎公園

愛知県岡崎市にある岡崎城とその周辺公園になります。
桜は計1,000本もあり、東海地方限定のアンケートではダントツ1位の人気です。
入場料は無料なので、桜を見るも良し、岡崎城を見るも良し、いろいろと楽しめるスポットです。

No.9:万博記念公園

大阪府吹田市にある公園です。
5,500本もある桜が彩るとてもきれいな公園です。
入場料は大人が250円となっています。

No.10:三春滝桜

福島県田村郡三春町にある桜の巨木です。
唯一単独の桜でのランクインしたのは、『日本三大桜』に数えられるベニシダレザクラの巨木です。
樹齢1,000年以上、樹高13.5m、枝幅は南北に20m、東西に25mもあり、大正11年には国の天然記念物に指定されています。

以上、桜の名所10ヵ所でした。お近くの桜の名所に行ってみてはいかがでしょうか?

その他の、「桜」「お花見」関連の記事はこちらからご覧ください。
桜の見頃を調べる方法
桜の種類は何種類?
お花見の持ち物7選

面白い雑学や豆知識を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ