Sponsored Link

天気予報で降水確率Zero(ゼロ)%と言わずに零(レイ)%と言う理由とは?

雨の傘

ゼロ%とレイ%は一緒ではなかった!?



明日は休日!となれば、気になるのが天気ではないでしょうか?自分の休日の天気は凄く気になるものだと思います。自分の休日が雨だと知るだけでテンションが下がりますよね…


今回は、天気予報の降水確率の、レイ%とゼロ%の意味の違いについての雑学になります。


■普段、0%と書いてあったらなんて読みますか?ゼロパーセント?レイパーセント?

0%と書いてある文字をゼロと読むかレイと読むかを尋ねると、とっちも同じ読み方だと言う方も多く、の事をゼロでもレイでも読み方は間違ってはいません。ただし、読み方的には同じでもいいのですが、実はこのゼロ(zero)レイ(零)は、言葉の意味の違いもあるのです。

ゼロは英語で(zero)レイは漢字で(零)と書きます。

・ゼロ(Zero)は、「全く何もないこと」「無」
・レイ(零)は、 「何もない」に加えて「極めて小さい」「わずかな」



上述の様な、違いがあるのです。


そして、本題の天気予報の降水確率でゼロ%とは言わずにレイ%と言う理由なのですが、


「雨が降る確立5%未満を降水確率0%と表示している為、全く降らない訳ではないので、ゼロ%とは言わずにレイ%と言っている」


降水確率が0%と表示されていても、全く雨が降らない訳ではないと言う事になります。
確かに、降水確率0%と表示されていても、一瞬雨が降っちゃう事もありそうですよね。


以上が、天気予報で降水確率(ゼロ)と言わずに零(レイ)%と言う理由とは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ