Sponsored Link

「夏日」「真夏日」「猛暑日」「熱帯夜」はどう違うのか?気温の雑学

真夏

夏日・真夏日・猛暑日・熱帯夜の気温って、ぞれぞれ何度なの?



明日の天気は、「晴れかな?」「雨かな?」
天気予報は誰でも気になりますよね。

“夏”に天気予報を観ていると

「明日は、猛暑日になるでしょう」
「明日は、熱帯やになるでしょう」などと聞いたことがあると思いますが、

では実際に、天気予報で良く言われる、真夏日と猛暑日は気温が何度で真夏日や猛暑日と言っているのでしょうか?

■夏日・真夏日・猛暑日・熱帯夜の違い

  • 「夏日」 …1日(0時~24時)の最高気温が25度以上の日のこと
  • 「真夏日」…1日 (0時~24時)の最高気温が30度以上の日のこと
  • 「猛暑日」…1日 (0時~24時) の最高気温が35度以上の日のこと
  • 「熱帯夜」…1日(0時~24時)の最低気温が25度以下にならない日のこと

夏日や真夏日などには、きちんと気温の違いで区別されています。

日本気象庁調べによると2014年5月は、真夏日(最高気温30度以上)の観測地点が266地点観測されて、1978年以降の5月の過去最高を記録したそうです。

そして、これらの時期には、熱中症などが流行します。
熱中症は、気温が高い日に屋外などで運動をしている時に起こりやすくなります
熱中症の主な症状は、めまい、頭痛、吐き気、体温の上昇、発汗がなくなる、等があります。

特に1日のなかで気温が高くなと言われる、午後2時~5時の間は日差しも強いので、
その時間の屋外での激しい運動などは控えたほうが良いです。
外に出る場合には、帽子や日傘を使うなど熱中症予防が大事です。

また、熱中症は屋外だけではなく、室内(家の中)でも起こる事もあります。
汗をかく事で水分を塩分が失われ、脱水症状が起きます。こまめに水分を取ったり、
塩分が取れる飴などを舐めるなどして室内での熱中症予防をしましょう。

以上が、> 「夏日」「真夏日」「猛暑日」「熱帯夜」はどう違うのか?気温の雑学の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ