Sponsored Link

夏の蚊対策!「蚊取り線香」は体に害はないのか?

蚊取り線香

夏の蚊対策の“蚊取り線香”って体に害はないの?


夏の風物詩と言えば色々ありますが、ブタの陶器に入った蚊取り線香を思い出しませんか?
あの蚊取り線香を入れるブタの陶器の事を「蚊遣器」(かやりき、参考:かやりきWikipedia)と言います。

この、蚊遣器は蚊取り線香からでる灰が飛び散ることを防いだり、蚊取り線香の燃焼を安定させる為に便利な役割をしています。

夏は、人間にとって嫌な蚊も大量に発生するので、蚊取り線香や電気蚊取りなどを使う機会も多いとは思いますが、気になるのが蚊取り線香は煙が出て蚊が死んでしまうけれど、人間には害はないのか?皆さんも一度は考えたことないでしょうか?
蚊の恐ろしさについてはこちらの記事をどうぞ→蚊が媒介する伝染病

蚊取り線香の成分には、シロバナムシヨケギク(除虫菊)に含まれるピレトリンと呼ばれる成分が、ゴキブリ・蚊・ハエ・その他昆虫の神経を麻痺させるのです。

除虫菊

シロバナムシヨケギク

そして、さすがにシロバナムシヨケギク(除虫菊)ばかりを使っては生産が追いつかない為、現在では、この除虫菊のピレトリンの成分に似た物を化学合成して作ったもの“ピレスロイド”と呼ばれる成分を使用している事が多いです。
(参考:蚊取り線香wikipedia)

蚊やハエが死んでしまう理由は、このピレスロイドが蚊やハエのその他害虫の体に入り神経に作用して神経麻痺をおこさせ退治しているんです。
そして、皆さんが気になるところ
ピレスロイドと呼ばれる科学物質は人間には害はないのでしょうか?
こんな風に思う方も多いのではないでしょうか?
ピレスロイドについて調べた結果。
(参考:ピレスロイドwikipedia)


「ピレスロイドは、哺乳類や鳥類の体には分解されてしまうので安全」と言われています。



ただし、蚊取り線香の煙を直接吸ってしまったりすれば、咳・喉・目の不調がおきたり、また用法や用量を超えた使用をしたりすると頭痛が起きたり気分が悪くなったりすることもありますので、万が一体調が悪くなった場合には速やかにお医者さんにみてもらいましょう。
さらに、詳しい内容はこちらの蚊取り線香で有名なKINCHOのHPを参考にしてみて下さい。
蚊取り線香のKINCHO

おまけに、ピレスロイドは人間や動物には効き目は無いと言われていますが、昆虫には効き目(害)がありますので、蚊取り線香や電気蚊取り線香の近くにカブトムシやクワガタを置いてしまうと死んでしまう事もあるので注意しましょう。

以上が、夏の蚊対策!「蚊取り線香」は体に害はないのか?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ