Sponsored Link

地震を経験したことがない?地震が少ない国とは?

地震が少ない国

地震が少ない国って?

日本が地震大国であることはみなさんご存知かと思います。
東日本大震災は今でも記憶に新しいですよね…。

二度とあんなことが起きてほしくないとは誰しもが思うことでしょう。
しかし、自然の驚異だけはどうすることもできません…。

そんな自然の驚異のひとつである「地震」ですが、この地震は場所によっては発生する頻度が違うんです。
今回は、地震の少ない国と地震の発生原因についてです。

地震が少ない国

地震が少ないと言われている国や地域は次のような場所があげられます。

・スウェーデン
・エジプト
・オーストラリア
・インドシナ
・カナダ
・ロシア
・ブラジル
・スイス

ざっとあげてみました。
もちろんこれらの国や地域で全く地震がないわけではありません。
ただ日本と比べれば圧倒的に地震の数は少ないでしょう。
また地震があったとしても、震度1などのほぼ揺れを感じないものでしょう。

実際にこういった国や地域に住んでいる人の中には「人生で地震を経験したことがない。」という人が多いようです。

なぜ同じ地球で地震の頻度がここまで違うのか?

地震の頻度の違い。
これには地震のメカニズムが関係しています。

世界の表面は12~15枚のプレート、板のようなもので構成されているといわれています。
表面が複数のプレートで構成されているということは、プレートとプレートの間に境目があるということです。

プレートは少しずつ移動しています。
つまり、このプレート同士がぶつかったり反発しあうことがあり、この衝撃が地震の正体となっているのです。
このプレートの境目に位置している場所では地震が頻繁に起きてしまうというわけです。

日本もプレートの境目付近に位置しています。
そのため自身の頻度がとても多いのです。

ちなみに世界で発生している地震のうちのおよそ10%が日本で発生しているといわれています。

いかがでしたか?
地震の発生にはプレートの位置が関係しています。
そのため地震を回避するためには、地震の少ない国や地域に移動するしか方法はないのです。

以上、地震を経験したことがない?地震が少ない国とは?でした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ