Sponsored Link

10月の星座と10月の誕生石についての雑学

10月

10月生まれの星座と10月の誕生石は何?

10月の星座(12星座の場合)

■天秤座(てんびんざ )

9月23日から10月23日

・天秤座の性格
『公平調和・外交的・自由主義・寛容・個人主義』

■蠍座(さそりざ)

10月24日から11月22日

・蠍座の性格
『秘密主義・口が堅い・集中力・頑固・一途』

12星座では、10月生まれの方は上記の2星座のどちらかに該当します。

10月の星座(13星座の場合)

■乙女座(おとめざ)

9月16日から10月29日

■天秤座(てんびんざ)

10月30日から11月22日

13星座では、10月生まれの方は上記2星座のどちらかに該当します。

同じ10月でも、12星座と13星座では異なる星座になります。
一般的に普及しているのは12星座が多いですが、この12星座に、
へびつかい座を加えたものが13星座になり、新しい星座占いで使われている事もあります。

10月の誕生石

10月の誕生石は3種類あります。


オパール (蛋白石)


トルマリン (電気石)


ローズクォーツ (紅水晶)

オパールについて

オパールの名前の由来は、ラテン語の (opalus)とギリシア語 の(opallios)が名前の由来とされています。
オパールの日本名は、蛋白石(たんぱくせき)と呼ばれています。
日本名の蛋白石(たんぱくせき)はオパールが卵の白身の様な色をしていた事から付けられたと言われています。
ローマ時代では、幸運を呼ぶ宝石として珍重されていたと言われています。
オパールは水分を含んでいる宝石なので、割れやすかったり変質してしまったりすることが多いため保存方法が大変な宝石の一つです。

オパールの石言葉
「希望・無邪気・潔白」
(参考:オパール wikipedia)

トルマリンについて

トルマリンの日本名は電気石(でんきせき)と呼ばれていて、電気を帯びることが名前の由来になっています。
宝石としてのトルマリンは、多彩な色の種類があります。
無色・紫色・青色・緑色・黄色・褐色・赤色・ピンク・黒色など、さまざまなカラーバリエーションがあります。

トルマリンの石言葉
「希望・潔白・寛大・忍耐」
(参考:トルマリン wikipedia)

ローズクォーツについて

ローズクォーツのは、薄い紅色(ピンク)色をしている事から日本名は紅水晶(べにずいしょう)と呼ばれています。
見た目の美しさや、優しく愛らしいローズクォーツは、「ラブストーン」とも呼ばれています。

ローズクォーツの石言葉
「愛を伝える・平和・感情の支え」
(参考:パワーストーン辞典)

その他の星座と誕生石

1月の星座と誕生石
2月の星座と誕生石
3月の星座と誕生石
4月の星座と誕生石
5月の星座と誕生石
6月の星座と誕生石
7月の星座と誕生石
8月の星座と誕生石
9月の星座と誕生石
11月の星座と誕生石
12月の星座と誕生石

面白い雑学を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ