Sponsored Link

11月の星座と11月の誕生石についての雑学

11月

11月生まれの星座と11月の誕生石は何?

11月の星座(12星座の場合)

■蠍座(さそりざ)

10月24日から11月22日

・蠍座の性格
『秘密主義・口が堅い・集中力・頑固・一途』

■射手座(いてざ)

11月23日から12月23日

・射手座の性格
『自由・情熱的・ポジティブ・冒険家・知性的』

12星座では、11月生まれの方は上記の2星座のどちらかに該当します。

11月の星座(13星座の場合)

■天秤座(てんびんざ)

10月30日から11月22日

■蠍座(さそりざ)

11月23日から11月29日

■蛇遣い座(へびつかいざ)

11月30日 から12月17日

13星座では、11月生まれの方は上記3星座のどちらかに該当します。

同じ11月でも、12星座と13星座では異なる星座になります。
一般的に普及しているのは12星座が多いですが、この12星座に、
へびつかい座を加えたものが13星座になり、新しい星座占いで使われている事もあります。

11月の誕生石

11月の誕生石は2種類あります。


トパーズ (黄玉)


シトリン (黄水晶)

トパーズについて

トパーズは、ギリシャ語の(topazos)「捜し求める」が由来だとされるものと、サンスクリット語の(tapas)「火」が名前の由来だとするものがあります。
昔、トパーズがよく採れる場所が、霧に包まれた島だと言われていて、
霧のなか探し求めた事から、topazos(タパス)と呼ばれていたのではと言われています。
トパーズの日本名は、黄玉(おうぎょく)と呼ばれていてトパーズの代表的な色の黄色から付けられたと言われています。
しかし、トパーズには黄色の他にも多彩な色があります。
黄色・ピンク・ブルー薄茶色・グリーン・無色

トパーズの石言葉
「誠実・友情・潔白」
(参考:トパーズ wikipedia)

シトリンについて

シトリンは、シトエンと言う果実の色が似ている事からシトリンと言う名前の由来だとされています。
シトリンの日本名は、黄色水晶と呼ばれていて、ローズクォーツやアメシストの仲間(同じグループ)の一つです。
昔から、シトリンは金運を呼ぶ石と言われ珍重してきました。

シトリンの石言葉
「社交性・人間関係・自信・生きる意欲」
(参考:パワーストーン辞典)

その他の星座と誕生石

1月の星座と誕生石
2月の星座と誕生石
3月の星座と誕生石
4月の星座と誕生石
5月の星座と誕生石
6月の星座と誕生石
7月の星座と誕生石
8月の星座と誕生石
9月の星座と誕生石
10月の星座と誕生石
12月の星座と誕生石

面白い雑学を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ