Sponsored Link

ゴルフ場のキャディは、暑い夏でも長袖を着ている理由とは?

キャディ

真夏の炎天下に、ゴルフ場のキャディは何で長袖なのだろう。


ゴルフを楽しんでいる人の、夏の服装は、半袖の方がほとんど… ハーフパンツでプレーしている人もいます。
しかし、キャディさんは めちゃくちゃ暑い真夏で、なぜ、長袖なのでしょう?

気になったので調べてみました。(そんなしょうもないこと、気にならん!とは言わないで。)

調べてみたら、意外な内容がありました!



「日焼対策の為」

あれだけの炎天下で紫外線を浴びまくっていれば真っ黒確定ですよね。
真っ黒になるくらいならまだ良くても、皮膚がんにでもなったら。


「コースアウトした玉を探しに行く時、木の枝などから守るため」

やぶの中に入ってボールを探さなくてはいけないので、怪我をしないように長袖が有効という事です。


「虫刺されの防止になる」

ゴルフ場は自然が多い山間にある事がほとんどですので、
長袖の方が虫さされの予防になるという事。



そして、だいぶ引っ張ってしまいましたが、ビックリしちゃう噂。

「農薬から身を守る」

ゴルフ場は、綺麗に整備されていて雑草すら生えていませんよね。
その、雑草を生えさせなくする為に除草剤や農薬をまいているとのことです。
その量が結構な量だと言う噂です。
ですので、キャディさんが長袖の理由の一つに農薬から身を守る為という意味もあるらしいです。

※今のゴルフ場は農薬の規制も厳しく無農薬のゴルフ場もあるみたいです。
あくまでも、噂の一つと思ってください。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ