Sponsored Link

ボウリングで、3連続ストライクを「ターキー」という理由とは?

ボウリング

ボウリングをしていて、3連続ストライク取るとなんで「ターキー」と言うのだろう。

あなたは、ボウリングの連続ストライクの数え方知っていますか?

以下がボウリングの連続ストライクの呼び方。

1連続ストライク → 普通に、ストライク
2連続ストライク → ダブル
3連続ストライク → ターキー
4連続ストライク → フォース
5連続ストライク → フィフス
6連続ストライク → シックスス
7連続ストライク → セブンス
8連続ストライク → エイトス
9連続ストライク → ナインス
10連続ストライク → テンス
11連続ストライク → イレブンス
12連続ストライク → パーフェクト

普通に考えれば、3連続ストライクなんだから「トリプル」じゃないのかと…
なんで、3連続ストライクの時に「ターキー」と呼ぶのでしょうか?



3連続ストライクをターキーと呼ぶ由来は数個あるらしいのですが、


一番、有力な説は

昔、アメリカでボウリングが流行っていたが
その当時のボウリング場は今の様な整備がしっかりしたボウリング場で無かった為
凸凹が激しかったり床が斜めだったりで、
3連続ストライクを取るのが、めちゃくちゃ難しかったらしい、


そのため、
ボウリング場の景品として、

3連続ストライクを出した人に「ターキー」七面鳥をプレゼントしたらしく
それから、3連続ストライクはターキーと呼ばれる由来になったと言われています。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ