Sponsored Link

フルマラソンの42.195キロは、今でも人間が測っている!?その測り方とは?

マラソン42,195キロ

フルマラソンと言えば42.195キロでも、どうやって測っているの?



●まず、初めにマラソンの名前の由来から。


紀元前490年アテネの北東40キロの方角にある、マラトンペルシャ軍(アケメネス朝ペルシャ帝国)とアテネ軍(アテナイ)が戦い、アテネ軍が勝利した戦いがあった際に、アテネ軍の若者の兵士の1人が一刻も早くアテネの市民に自分たちの勝利を伝える為に、40キロを休まず走り続けそして、「わが軍が勝利したぞ」と伝えた後すぐに亡くなってしまった事がマラトン(英語読みマラソン)と言われる由来だと言われています。


■なんで、フルマラソンは中途半端な42.195キロなんだろう?


最初は、マラトンからアテネまでの約40キロの距離でマラソンをしていたのですが中途半端な42,195キロに変わったと言われる説が、第四回のロンドンオリンピックからだと言われています。

当時の、ロンドンの国王が住むウィンザー城からシェファードブッシュ競技場までの
(約40km)で競われる事になっていたらしいのですが、その時の王妃アレクサンドラが、
「スタートは宮殿の庭で、ゴール地点は競技場のボックス席の前で見たい!」と言った事から距離が変わってしまい、今の42.195キロになったと言われているのです。

そして、実際にフルマラソンが42.195キロに正式に採用されたのは、第八回のパリオリンピックからになります。


■フルマラソン42.195キロは実際に誰が測って決めているの?


そして、本題のフルマラソンの42,195キロは誰がどうやって測っているかですが、まず測定する方は国際競技連盟公認公式計測員という資格がありその資格を持つ方が計測をします。


●測定方法は二通り


・長さ50メートルのワイヤー巻き尺を持った計測員が測る方法
・メーターを搭載した3台の自転車で走って測る方法。(その3台自転車の平均値)



この二通りの方法で、フルマラソンの42.195キロを測っているのです。
そして、今現在の国際大会でのフルマラソンの計測には、自転車で測定する方法で測っています。


おまけに、フルマラソンの距離は42.195キロですが、実際に人間が測っている事もありズレル事もあるそうです、その際の誤差がプラス42.195メートルまでは許されているらしいです。ただし、距離の誤差が42.195キロより短かった場合その結果は無効になってしまうらしいです。

以上が、フルマラソンの42,195キロはどうやって測っているのか?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ