Sponsored Link

ゴルフのマナーとホール数の雑学

ゴルフ

ゴルフのマナーとホール数の雑学

大人のスポーツと言えばゴルフですよね。

ゴルフはメンタルが非常に重要なスポーツで、
技術よりもメンタル(精神面)が大事だと解る競技です。

ゴルフの歴史は、イギリス(スコットランド)が発祥の地だと言われていますが、実際のところはっきりした事がわかっていません。

紳士のスポーツゴルフ

ゴルフは紳士のスポーツと言われていますが、紳士とは一体・・・
ゴルフをする方ならおわかりだと思いますが、ゴルフはとてもマナーに厳しいスポーツなのです。
ゴルフを教えてもらう際も、ゴルフルールよりも先に、ゴルフでのマナーを教わります。

ゴルフのマナーの例

・クラブハウスに入場する際の服装、サンダルやジーパン等はNG
・上着はジャケットやブレザーを着用する、トレーナーやTシャツはNG
・シャツの裾を出すのはNG
・襟の無いシャツはNG


上記はあくまでも一例ですが、
クラブハウスに入場するだけでも、ゴルフはマナーに厳しいです。
ゴルフでの紳士とは、

『上品で礼儀正しく見本になる様な人』を差すのだと言われています。

ゴルフのマナーについてはこちらのサイトが参考になると思います。
GDOマナー知らなきゃ損するゴルフマナー

また、ゴルフをプレイしようとすると、プレイ代やゴルフ用品代などに費用が結構かかります。
この点も、やはり大人のスポーツと呼ばれる内容になるでしょう。

ゴルフのホール数が、なぜ18ホールなのか?

ゴルフの1ラウンドは18ホールですが、なぜ18ホールなのでしょうか?
普通に考えれば5ホールでも構わないでしょうし5ホールで少ないなら10や12ホール位でもいのではと思います。
実際のゴルフのホール数の起源には諸説あるのですが、中でもおもしろいゴルフのホール数の起源があります。

ゴルフ発祥と言われるイギリス(スコットランド)で、ゴルフの1ラウンドのホール数を決めようとしていたのですが、
中々決まらなかったそうです、その時1人の男性が

「私は、1ホールに1杯スコッチウイスキーを飲みながらホールを回るが、1ホール1杯ずつ飲むと1瓶が丁度18ホール目でなくなるので18ホールにしようと」

言った事がゴルフの1ランドが18ホールになったと言われている一つの説になります。

確かに、イギリスのスコットランドは涼しい国でも有名で、寒さを凌ぐ為にスコッチウイスキーを飲みながら、ゴルフをプレイする方が多いと言われています。

また、ゴルフはイギリスが発祥の地とご紹介させて頂きましたが、
実際のゴルフ場の数が多い国は、アメリカ合衆国で次にイギリス、日本の順になります。
(参考:ゴルフ wikipedia)

以上が、ゴルフのホール数の雑学の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ