Sponsored Link

運動会が秋から春に変わった理由!運動会の雑学

運動会

運動会は、秋から春に!運動会の雑学



運動会の開催時期はと聞かれれば、「秋でしょ」と答える方も多いと思います。
ですが、最近の運動会は秋から春に変わりつつあるんです。
自分のお子さんの運動会の日付を聞いて、「え。5月なの」と思った方も多いのではないでしょうか?


以前の運動会は、一部の地域を除き殆どの学校で秋に運動会が行われてきました。
まず、この秋になぜ運動会が多かったのか?という理由なのですが、
これは、昔の日本は相当数の人達が農業をして暮らしていた為、田植えや種まきの時期の春よりも農作物の収穫後の10月頃に運動会を行う学校が多かったと言われています。
(参考:運動会 wikipedia)


そして、今の運動会は秋から春に時期が変わってきています。
東京では約9割の学校が、秋から春に運動会の開催時期を変更しているそうです。
ただし、地域差がありますので、例えば北海道など気候が違う場所の運動会は、元から春に行われている地域もあります。北海道は農作物の収穫時期の違いや、秋は天候が悪い時が多い等の理由があるらしいです。

そして、気になるのが、なぜ?運動会を“秋”から“春”に変更する学校が増えたのか?なのですが。


これには、いくつかの理由があります。

■中学校などでは、受験の時期に入るので10月に運動会をするより勉強を優先したい。

中学3年生にもなると、受験勉強に追われている時期ですので、何にもこんな時期にやる事はないと思っている方が多かったらしいです。

■行事の分散化が目的

週6日の授業から週5日の授業制度になり、授業時間が足りないのにも加えて、秋には文化祭や合唱コンクール等が重なり忙しいので運動会を、秋から春にケースもあるらしいです。

■秋の運動会だと、練習をする時期は夏休み明けの9月からなので、残暑が残って練習中に熱中症などを防ぐため。

良く考えてみれば、確かに9月の後半や10月に運動会を行うのならば、運動会の練習をする子供達は夏休み明けのまだ暑い時期… 観に行く側のお父さんやお母さんは、気付かないかもしれませんが、子供達は暑い中練習していると言う訳ですね。

上記の様な理由から、秋の運動会から春の運動会に変わりつつあるそうです。


おまけに、独立行政法人日本スポーツ振興センターの調査によると、

■運動会の練習中の多い怪我の順位

  1. 短距離走
  2. リレー
  3. 騎馬戦
  4. 組体操

上記の順に怪我が多いそうです。

以上が、今時の運動会は秋ではなく春でしょ!運動会の雑学の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ