Sponsored Link

「違いの雑学」和牛と国産牛の違いとは?

和牛と国産牛の違い

和牛と国産牛の違いについて

皆さん大好きなお肉
お肉には色々な種類や産地があるのですが、国産牛と和牛の違いってしっていますか?

和牛とは?

和牛とは
和牛と聞いてよく勘違いされているのが、和牛だから日本産(国産牛)だと考えてしまう方が多いのではないでしょうか?
もちろん、和牛は日本産の牛なのですが、和牛とは「品種名」であり国や産地などの事を指している言葉ではありません。
和牛とは、「黒毛和種」「褐色和種」「日本短角種」「無角和種」の4種類の総称であるのです。
また、和牛の約90%はこの4種類の中の皆さんが一番よく知っている「黒毛和種」になります。
焼肉などで良く聞く黒毛和牛とはこの和牛の事を言うんです。

国産牛とは?

国産牛とは
一方、国産牛はと言いますと、国内(日本)で3ヶ月以上飼育した牛が国産牛と名乗る事ができるんです。
ですから、外国種の牛を日本で育てても国産牛と名乗る事が出来ますし、外国で生まれた牛を日本に連れてきて3ヶ月以上育てた場合も国産牛と名乗る事が出来るのです。
また、国産牛と表示されている殆どの牛の種類が「ホルスタイン種」「交雑種」などの種類の牛が多いのです。

和牛と国産牛の違いについてのまとめ

まとめ

・和牛とは「黒毛和種」「褐色和種」「日本短角種」「無角和種」の4種の総称の事。
・国産牛とは3ヶ月以上日本で飼育した牛の総称の事。

また、ブランド牛の松坂牛や前沢牛などは黒毛和牛になります。
国産牛に比べてきめが細かく霜降りも多く柔らかいのが特徴です。

以上が、「違いの雑学」和牛と国産牛の違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ