Sponsored Link

「違いの雑学」バターとマーガリンの違いとは?

バターとマーガリン

バターとマーガリンの違いについて

パンを食べる時には、バターかマーガリンを付ける事が多いと思います。
私は、ジャムだよ?と言うのはやめて下さいね。

バターにしてもマーガリンにしても無くてはならないものですが、あなたは、「マーガリンとバターの違い」を知っていますか?

バターとは?

バターとは?
バターは、一般的に「牛乳を原料とする食用油脂」で、乳製品の一つになります。
牛乳に含まれる脂肪分を凝固させて作ります。
バターを100g作るための牛乳は4,8リットルも必要とされるそうです。
(参考:バターwikipedia)

マーガリンとは?

マーガリンとは
マーガリンは、「植物性油脂または動物性油脂を原料とする食品」になります。
ですから、マーガリンには乳脂肪を含んでいません。
水素を添加して個体にしています。

バターとマーガリンの違いまとめ

まとめ

・バターは牛乳から作られている自然食品
・マーガリンは、原料に牛乳は使われていなく、植物油などに塩や水素を添加した人工的に作られた食品

また、マーガリンには健康被害にを与える恐れがあるというトランス脂肪酸が含まれている。

以上が、「違いの雑学」バターとマーガリンの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ