Sponsored Link

「違いの雑学」重傷と重体の違いとは?

重傷と重体の違い

重症と重体の違いについて

テレビやラジオなどで、火事や事件などで被害者が出た場合に「重症」ですや「重体」ですと伝える事があります。
どちらも、大事な状況には変わりませんが、重体と重症の違いについて知っていますか?

重傷とは?

重傷とは
重傷は、入院は必要になるが命には別条は無い状況ではあるが、全治一ヶ月以上の怪我を意味する事になります。

重体とは?

重体とは
重体は、命に関わるほど危険な状況の病気や負傷の事を指します。
例えば、大けがをした場合に命の危険がある状況には重体と使われます。
怪我以外にも急な病気で危篤状態などにも重体または重態と使われる事があります。

重傷と重体の違いについてまとめ

まとめ

・重傷は、命に別条はないが全治1カ月以上の状態の事を指す。
・重体は、命に関わる危険な状況の事を指す。

重傷と重体では、重体の方が命に関わる危険な状況であると言う事です。
また、重傷のほかに中傷や軽症という表現もあります。
例えば、治療をするだけで帰宅できるような怪我の場合は軽症と言う感じです。

以上が、「違いの雑学」重傷と重体の違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ