Sponsored Link

「違いの雑学」ざるそばともりそばの違いとは?

ざるそばとは

ざるそばともりそばの違いについて

おそば屋さんでおつゆに入ったまま出されるのはかけそば、対してお客さんがおつゆを付けて食べるそばはざるそばともりそばの2種類があります。
では、そのざるそばともりそばの正しい違いについては知っていますか?

ざるそばとは?

元々はお椀や皿に盛られていたそばを、江戸深川の伊勢屋というお店で笊(ざる)に盛ったのが始まりです。
その後、ざるに盛ったそばは洒落ていて粋であると江戸っ子に愛されて、ざるそばを出すお店が増えていきます。
そして同じようなメニューであるもりそばとの差を出す為に、そばつゆに当時は高価であった昆布だしを使ったり、わさびを添えたり、海苔を散らして目印にしたりと、もりそばよりもすこし贅沢な高級路線で売られることが多くなったのです。

もりそばとは?

江戸時代にそばつゆをそばに直接かける、ぶっかけそばと言うかけそばの元祖のような食べ方が流行りました。
そこで器にそばを高く盛ってそばつゆに付けて食べる従来のそばの名称を、かけそばと区別してもりそばと言うようになります。
ですので、先のざるそばももりそばの一種とも言えます。

ざるそばともりそばの違いまとめ

ざるそばともりそばの違いまとめ

・ざるそばは本来ざるに盛り付けられて、昆布だしが使われ、海苔、わざびの薬味などが付き、その分もりそばより値段が高めです。
・もりそばは竹すのこや蒸篭(せいろ)などの器にそばを盛るからもりそばと言われ、鰹だしが使われ、薬味を付けず、ざるそばよりも値段が低めです。

しかし現在のおそば屋さんでは、殆どがざるそばに目印として海苔がついてあるぐらいで、盛りつける器、昆布だしと鰹だし、わさびなどの薬味の有る無しなども、あまり両者に明確な違いが無い状態になってしまっています。
それでも何故かざるそばの方が若干値段設定が高くなっているのが現状のようです。

以上が、「違いの雑学」ざるそばともりそばの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ