Sponsored Link

「違いの雑学」おしることぜんざいの違いとは?

おしることぜんざい

おしることぜんざいの違いについて

寒い冬には温かい小豆あんの汁にお餅などを入れたおしるこやぜんざいを食べると、非常に美味しくて心の中まで温まるようです。
このおしることぜんざいの違いについて、あなたは詳しく知っているでしょうか?

おしることは?

おしるこは漢字ではお汁粉と書きまして、その名の通り、関東では粒あんやこしあんなどを溶かした小豆汁に餅や白玉や栗の甘露煮などを入れたもの、つまり粒あんでもこしあんでも汁気のあるものは両方ともにおしること呼ばれているようです。
ですが実は地域でこの呼ばれ方は違ってきまして、関西ではこしあんを使用した汁気のあるもののみがおしることされています。

ぜんざいとは?

ぜんざいの方は善哉(よきかな)と書き、初めて食べた僧侶が美味しさを表現した言葉がそのまま呼び名になったようです。
こちらも地域で呼ばれ方は違いまして、関東ではゆるめの粒あんを餅や白玉や栗の甘露煮にかけた、
殆ど汁気の無いものをぜんざいと言う
ようです。
そして関西では粒あんを使用した汁気のあるものがぜんざいとされています。
関東で言うぜんざいは関西の方では亀山などと呼ばれています。

おしることぜんざいの違いまとめ

おしることぜんさい

・おしるこは関東では粒あんやこしあんを使った汁気のあるもの、関西ではこしあんを使った汁気のあるものを言います。
・ぜんざいは関東では粒あんを使った汁気の殆ど無いもの、関西では粒あんを使った汁気のあるものを言います。

ぜんざいの名の由来の説はもう1つあり、出雲の神在祭で出された神在餅のじんざいの呼び方が訛ってぜんざいになったというものです。
いくらおしるこやぜんざいが美味しくても、あまりに食べ過ぎると身体に良くないので注意しましょう。

以上が、「違いの雑学」おしることぜんざいの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ