Sponsored Link

「違いの雑学」そうめんと冷麦(ひやむぎ)の違いとは?

そうめんとひやむぎ

そうめんと冷麦(ひやむぎ)の違いについて

夏にスーパーなどの麺売り場にいくと、よく並んで売られているのが見られるのがそうめんと冷麦です。
一見するとどちらも似たようなものなので、普通の人にこのふたつの区別はつきにくいと思います。
あなたはそうめんと冷麦の違いについてはご存知でしょうか?

そうめんとは?

そうめんは、小麦粉に塩水を混ぜて練ってつくった生地に食用油などをつけ、縒りを掛けつつ手で伸ばしてから、天日干しをして乾燥させて作る食品です。
出来たものを茹でて、主に冷やしてめんつゆにつけながら食べるのが普通ですが、別に温かくして食べるものはにゅうめんとも呼ばれます。
樋(とい)に水と共に茹でた麺を流して食べる、流しそうめんなども有名です。
その製造方法から、細く伸ばす過程で切れてしまわないように腰の強い生地を用いる必要があります。

冷麦とは?

冷麦の麦は、小麦粉の麦と同じ意味です。
小麦粉に塩水を混ぜて捏ねてから、うどんと同じように麺棒などで平たく延ばして、専用の包丁などで切って作ります。
昔はうどんも冷麦も切麦と言われていて、それを茹でて熱いまま食べるのを熱麦、冷やして食べるのを冷麦、熱いつゆに入れたまま食べるのをうどんと言いました。
今は熱麦は無くなり、冷麦とうどんが名称として残っています。

そうめんと冷麦の違いまとめ

そうめんと冷麦

・そうめんは小麦粉の生地を油などをつけながら、切れないように手で伸ばして細くして作ります。
・冷麦はそうめんとは違って伸ばさずに、生地を包丁で切って細い麺にして、冷やして食べます。

今はそうめんと冷麦の違いについては、JAS(日本農林規格)によるとそうめんが直径1.3mm未満で、冷麦は直径1.3mm~1.7mm未満と、単純に太さの違いでしかないようです。

以上が、「違いの雑学」そうめんと冷麦の違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ