Sponsored Link

「違いの雑学」ウインナーとソーセージの違いとは?

ウインナーとソーセージ

ウインナーとソーセージの違いについて

お弁当の定番おかずと言えば、玉子焼きに鳥の唐揚げ、そして赤いタコさんウインナーです。
ですがこのタコさんウインナー、赤くないソーセージで作ってあってもタコさんウインナーとつい呼んでしまいます。
実際、ウインナーとソーセージの違いとはどこにあるのでしょうか?

ウインナーとは?

最初に結論を言ってしまうと、実はウインナーはソーセージの一種なのです。
あなたは両方を繋げたウインナーソーセージという言葉を聞いたことはありませんか?
これはウイーン風ソーセージのことでして、定義では「豚と牛の塩漬け肉に香辛料を練り合わせ、羊腸か人工の腸に充填し、燻煙・ボイルしたもの」を言うようです。
JAS(日本農林規格)では、豚や牛より比較的細めの羊腸か人工の腸を用いた太さが20mm未満のソーセージをウインナーと言います。

ソーセージとは?

ソーセージは非常に歴史が古くて紀元前からあるものらしいです。
基本的には、畜肉を塩漬けしたものを挽いて香辛料などを練り合わせ、動物の腸に詰めたものです。
今は動物の腸だけではなく、人工の腸に詰めたものも全てソーセージと呼ばれています。
ちなみに人工の腸はコラーゲンやプラスチックやセルロース等で作られているそうです。

ウインナーとソーセージの違いまとめ

ウインナーとソーセージ

・ウインナーは羊腸や人工の腸を使った太さが20mm未満の細めのソーセージのことです。
・ソーセージというのは一般的な腸詰め全てを表す名前、つまり腸詰めの総称です。

ウインナーコーヒーはウインナーの入っているコーヒーだと多くの人が思ったことがあるはず。
ホイップクリームが入っているこれも、ウイーン風コーヒーという意味のようです。

以上が、「違いの雑学」ウインナーとソーセージの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ