Sponsored Link

「違いの雑学」ピラフとチャーハンの違いとは?

チャーハンとピラフ

ピラフとチャーハンの違いについて

ピラフとチャーハンは見た目は似たようなものですが、ピラフというと洋食屋さんで食べるイメージがあります。
チャーハンというと中華料理屋さんで鍋を大きく振るってつくられる豪快なイメージがします。
このピラフとチャーハンの違いとは本当はどこにあるのか、あなたはきちんと知っているでしょうか?

ピラフとは?

ピラフはフランス料理で、名前はトルコ(ペルシャ)のプラウという料理が語源と言われています。
ピラフの作り方は、まず生のお米をバターなどである程度炒めてから、エビなどの魚介類や鶏等の肉類、キノコや野菜類の具と一緒にスープで炊いてつくります。
ちなみにピラフでのお米は、本来は日本のご飯などより多少固めに炊き上げるものらしいです。

チャーハンとは?

チャーハンは炒飯と書き、中華料理での炒めご飯といった感じのものです。
チャーハンは最初からピラフとは作り方が違っていまして、まずご飯を先に炊き上げておき、中華鍋で熱した油に卵を入れた後、そのご飯を投入して炒めます。
ご飯を先に炊き上げるという作り方の為に、炊いたご飯を主食とする日本の食生活に非常にあっていて、ピラフよりも比較的にポピュラーに作られている料理とも言えます。

ピラフとチャーハンの違いまとめ

チャーハンピラフ違い

・ピラフは生のお米を油で炒めてから具とともにスープで炊く料理です。
・チャーハンは炊いたお米を油と卵を先に入れてから炒めてつくる料理です。

つまり、炒めてから炊くか、炊いてから炒めるかの工程の順番の違いです。
ですが、工程の順番で出来る味の違いが分かる人は少ない気がしますね。
ちなみに焼き飯というものもありまして、チャーハンが卵を先に入れてからご飯を炒めるのに対し、こちらはご飯を先に炒めてから卵を投入して作るらしいです。

以上が、「違いの雑学」ピラフとチャーハンの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ