Sponsored Link

「違いの雑学」クッキーとビスケットの違いとは?

クッキーとボスケット

クッキーとビスケットの違いについて

クッキーやビスケット、小さいころから慣れ親しんだお菓子ですね。
どちらもとてもおいしく、なじみ深い味です。
さて、「クッキーとビスケットの違い」ってなんだかわかりますか?

クッキーとは?

クッキーとは小麦を原料にして作られた焼き菓子です。
ビスケットの一種ですが、とりわけ手作り風の外観をもっているという特徴があります。
また糖類や脂肪分の割合が40%以上という特徴もあります。

ビスケットとは?

ビスケットとは小麦粉、糖類、食用油脂、食塩等を用いて焼いた菓子全般のことです。
ビスケットの仲間にはクッキー以外にも、クラッカー、カンパン、パイ、プレッツェルなどがあります。

クッキーとビスケットの違いまとめ

クッキーとビスケット

・クッキーはビスケットの一種で、糖分や脂肪が多めでサクサクとした軽めの食感と手作り風の見た目をもつお菓子のことです。
・ビスケットは小麦粉を主な材料にして乳製品、卵、砂糖、食塩などを加えて焼きあげた菓子の総称といえます。

日本の場合は全国ビスケット協会によって、消費者の方に違いがわかりやすいように
クッキーとビスケットの内容について定められた、という経緯があります。
詳しくは、全国ビスケット協会HPをご参考にして下さい。
ただ、クッキーやビスケットの定義は国や地域によってばらつきはあります。
英国では両方ともビスケットと呼んだり、アメリカでは両方ともクッキーと呼んだりします。

以上が「違いの雑学」クッキーとビスケットの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ