Sponsored Link

「違いの雑学」パフェとサンデーの違いとは?

パフェとサンデー

パフェとサンデーの違いについて

アイスクリームにチョコレート、フルーツなどがいっぱいの豪華なデザートであるパフェ、とくに女性には大人気ですね。
でも似たようなデザートにサンデーというものもあります。
今回は、このパフェとサンデーの違いについての雑学になります。

パフェとは?

パフェはもともとフランスのデザートである「parfait」(パルフェ)「完璧な」という単語からきています。
フランスのパルフェは卵黄に砂糖やホイップクリームを混ぜ合わせ型に入れて冷やした冷たいデザートでソースや果物などを添えて出されます。
日本のパフェとはだいぶ違うようですね。

サンデーとは?

サンデーはアメリカで生まれたデザートです。
日曜日に限定してアイスクリームにチョコレートをかけて発売したところ人気が出たのがチョコレートサンデーの始まりだそうです。

パフェとサンデーの違いまとめ

パフェとサンデーの違い

・パフェはフランスで考案されたデザートです。日本の場合は細長いグラスにアイスクリームやフルーツを盛り合わせて作りますが、フランスのパルフェとはまったく違うものになっています。
・サンデーはアメリカ生まれのデザートです。その名前は発売日であった日曜日にちなんでいるようですが、綴りは「sundae」です。

パフェとサンデーはもともとの発祥がちがうデザートですが、今の日本においてははっきりとした差はあまりないようです。
納豆やトンカツなど異色の食材と組み合わせた変わり種のパフェやご当地パフェなどもたくさん出ていて、ますますバリエーションに富んだデザートになっていっていますね。
以上が「違いの雑学」パフェとサンデーの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ