Sponsored Link

「違いの雑学」から揚げと竜田揚げの違いとは?

唐揚げ

唐揚げと竜田揚げの違いについて

鶏肉を使った定番料理といえば唐揚げがありますね。
毎日のおかずとしてはもちろん、お弁当のおかずとして、居酒屋での定番メニューとして、誰からも愛される一品です。
一方で鶏の竜田揚げという料理もあります。どちらもおいしいのですが、さて、唐揚げと竜田揚げの違いってわかるでしょうか?
今回はそんな、唐揚げと竜田揚げの違いについての雑学になります。

から揚げとは?

から揚げとは肉、魚、野菜などの食材に薄く粉をつけて衣にして油で揚げた料理のことです。
使用される粉は小麦粉、片栗粉、市販のから揚げ粉など幅があります。
レシピによっては粉にスパイスなどを加えることもあります。
鶏肉がポピュラーですが、魚介類などのから揚げもあります。
現在イメージされるようなから揚げが一般に広まりだしたのは昭和初期の食堂のメニューとして登場したのちのことのようです。

竜田揚げとは?

竜田揚げは肉などを醤油、みりん、酒などの調味料に漬け込んでしっかりと下味をつけてから片栗粉をうすくまぶして油で揚げる料理になります。
下味や粉にルールがあって、から揚げよりも調理方法が厳密といえるでしょう。
名前の由来には諸説ありますが、有名な和歌にも詠まれた紅葉の名所・竜田川にちなんだ名前であるという説が有名なようです。

から揚げと竜田揚げの違いまとめ

唐揚げと竜田揚げの違い

◆から揚げとは肉などの食材に下味をつけて小麦粉などの粉をうすくまぶして油で揚げた食べものです。
下味や粉の種類にはかなりの幅があります。
◆竜田揚げとは肉などに醤油、みりん、酒などの調味料で下味をつけてから片栗粉をまぶして油で揚げた食べものです。

野菜のから揚げ、カレイのから揚げ、イカのから揚げなど、たしかにから揚げはさまざまな味付けや種類がありますね。竜田揚げのほうがより調理方法のルールが細かいと言えるでしょう。
以上が「違いの雑学」から揚げと竜田揚げの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ